NISA 米国株

バレンタインデーに楽天ヴァンガードVTIを全解約。

投稿日:2019-02-14 更新日:

本日はバレンタインデーです。

と言ってもチョコは貰ってもいないし、家では話題にすらなりませんでした。。

 

いつも食後の楽しみにしているブラックサンダーをいつも通り食べておしまいです。。

 

テレビやネットでもそんなには盛り上がってないなと感じたのは自分だけかな。

 

さて、本日は特定口座で保有していた投資信託の銘柄を全解約しました。

目的はジュニアNISA枠にスイッチングする為です。

 

楽天VTIは一年3ケ月前に特定口座で購入しいるものになります。

 

今年のジュニアNISA枠にぶつける予定で、現金で保有しおくより投資信託で1年ほったらかしていれば少しはプラスになっているだろうという目論見でした。

 

去年の暮れにもし全解約していると、完全にマイナスでしたが現時点では若干のプラスになっています。

 

 

減らさない最低限の運用ができているので良しとしておきたいです。

 

解約後は、ジュニアNISA枠で同じような米国向けの投資信託を買い付けます。

 

買いつける投資信託は

去年「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」で一位を獲得した

 

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

です。

 

理由は何と言っても信託報酬の安さです。業界最安の0.11%台です。

楽天証券の買い付けランキングでも2位になってます。

顧客満足に徹底的にこだわったファンドを謳い文句にしていますが、偽りないと思いますよ。

長期投資はランニングコストをいかに安くするのかが焦点になります。

 

Fund of the Year で選ばれた大半は手数料の安さを理由に挙げています。

 

私の今年の投資信託は eMAXIS Slim 先進国株式インデックスの1本に集中投資になりそうです。

 

去年までは楽天VTIを最強と押していましたが、隠れ手数料なるものが存在して実質手数料は0.3%台です。

 

そもそも楽天VTIのページを覗けば信託報酬は0.1%台なのに、目論見書や運用報告書であとから手数料を上乗せしています。

とても顧客重視のやりかたではありません。

 

この点において楽天VTIは私のなかでお勧めできる投資信託ではなくなりました。

 

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスは投資ブログをやっているからこそ、仕入れることのできた情報だと思っています。

 

投資ブロガーが自身の運用資金で真剣にお金のことを考えた結果、今年はeMAXIS Slim 先進国株式インデックスが大賞に選ばれました。

 

来年も同じファンドが選ばれるとは限りませんが、今後も顧客重視で手数料の安いファンドがどんどん出てきてファンド同士が競争していって欲しいですね。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
広島ブログ



-NISA, 米国株

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジュニアNISAポートフォリオ公開。12月度分(日本株式編)

ジュニアNISAポートフォリオ日本株式編の公開です。     前回公開したのが9月だったので約3か月ぶりになります。   9月時点では若干のプラスでしたが、今月は完全にマ …

ジュニアNISAの買い付けはドルコスト平均法作戦で。(5回目)eMAXIS Slimから朗報。

世間の大半?は今日から10連休に入りました。   私は今回で5回目のジュニアNISA買い付けは本日注文をだしました。 注文日の処理はGW明けの5月7日で約定日は翌日の8日になります。 米国市 …

米国株ポートフォリオ(1月度)。クリスマスショックからのアップルは買いか?

2019年1月の米国株のポートフォリオ実績公開です。 昨年のいわゆるクリスマスショックでは、ポートフォリオ全体でマイナスを記録していましたが、わずか2週間足らずでかなり持ち直してきました。 &nbsp …

積立NISA楽天全世界株式も全部解約

FRBが値下げを示唆したニュースが世界を駆け巡ってます。 これによって米国市場の株価は最高値圏を保つのではないのでしょうか? もちろん明日の株価は読めませんが、高値圏にあることはたしかです。 最高値掴 …

積み立てNISA(4月度)

積み立てNISAが今年から始まっており、SBIの毎日投信を利用して積み立てを行っています。   毎日投信の最大のメリットは、ドルコスト平均法の考え方で投資できることだと思います。 &nbsp …

グーグルアドセンス


広島在住の機械系エンジニアです。
日本3割と米国7割を目安に個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728