NISA 雑記

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」から今年のNISA枠を考える

投稿日:2019-01-15 更新日:

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018の結果がでてました。

私はこの投票に参加し、

楽天VTIとi-FREE S&P500の2本を推しました。

投票の結果一位を受賞したのは

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスでした。

楽天VTIは4位

i-FREE S&P500は17位の結果でした。

 

どれも米国主要銘柄に分散投資する投資信託です。

 

一位になった理由のコメントに目を通してみるとほぼ全てのコメントに信託手数料の安さを挙げてました。

 

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスの信託手数料は0.1%台でほぼ最安値です。

 

楽天VTIも0.1%台の手数料ですが、かくれ手数料なるものが後から追加され実質手数料は0.3%付近です。

 

未だにこの実質手数料の意味が分かりません。開示の仕方がせこいです。

 

毎年変動するので、ある時期に追加の手数料を公開するんでしょうが、間違いなくユーザー無視だと思います。

 

後出しじゃんけんみたいで、とても不信感が募ってきます。

 

実質手数料の件で楽天VTIは一気に買う気が冷めました。

 

今年の積み立てNISA枠は、投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018の結果からeMAXIS Slim 先進国株式インデックスにします。

 

長期的にみて米国銘柄に分散できる投資信託は上述のようにたくさんありますが、投資信託のきもは一にも二にも信託手数料だと考えてます。

 

長期保有すればするほど、信託手数料の差が効いてきます。

 

楽天VTIの実質コストの見直しを期待しますが、今年はeMAXIS Slimに投資します。

 

 

 

 

 

 

 

 



-NISA, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

音楽を提供している人達は、演奏というサービスを提供しているのに自らも楽しんでいる不思議。

投資は文字通り投げて資する行為です。   株主が経営者に投資して労働者が働き企業が業績を上げて利益を得て株主に還元することです。   その関係性の中では企業や団体が社会へ何らかのサ …

つみたてNISAポートフォリオ公開(10月度)

積み立てNISA10月度分の公開です。(2口座分です)     先月と比較すると三分の一以下の評価損益となっています。汗)   先月までは半年くらい堅調だったので、久しぶ …

積み立てNISA(4月度)

積み立てNISAが今年から始まっており、SBIの毎日投信を利用して積み立てを行っています。   毎日投信の最大のメリットは、ドルコスト平均法の考え方で投資できることだと思います。 &nbsp …

踊りたくない芸人はとっても笑えて面白い。けども、へんてこりんな2次的思考も頭を同時によぎってしまう。

サラリーマンにとっては花の金曜日です。月末の金曜日はプレミアムフライデーとか言ってましたが最近は聞こえてこなくなりましたね。   金曜日といってもいつものように仕事が終わればたいがいは真っす …

会社の忘年会行きますか?

サラリーマン稼業にとっては、今月は忘年会シーズンです。   私の職場も今月開催予定ですが、欠席します。   特段特に理由が無いのが本音の所です。   自費参加なのもあって …

グーグルアドセンス


名前:うえぞん
年齢:77年生まれ広島在住
仕事:機械系エンジニア
投資:日本3割と米国7割を目安に個別株・ETF・投信信託をMIXして長期運用しています。


2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031