NISA

楽天の積み立てNISAはクレジット決済で決まり。

投稿日:

今年のつみたてNISA枠をSBIから楽天へ移管の手続きをしていました。

 

SBI証券の手続きがとても面倒でしたが、楽天の口座開設は至ってシンプルで早かったです。

 

お正月の三が日、必要書類をポストに投函して本日NISA口座開設完了の通知がありました。

 

楽天に積み立てNISA口座を移した理由はただ一つ。

クレジット決済が可能だからです。

 

去年のNISA枠を使い切ってからは、今年の非課税枠を埋める為の買い付け余力がありません。

 

楽天のクレジットは給与口座から引き落としにしている為、半強制的に事実上の給与天引きで投資が可能になります。

 

財形貯蓄の投資信託版みたいなものです。

 

おまけですが1%分の楽天ポイントがつくのもかゆいところに手が届いたサービスで嬉しいです。

 

本日早速積み立ての手続きを行いました。

選んだ投資信託は、投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018 で一番を獲得した、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスを選びました。

 

積み立て開始は3月から開始になっていますので、本年度で10万円分の投資枠を埋められたことになります。

 

残り30万円分は恐らく埋めれないでしょう。

 

日々の給与から現時点捻出できる無理しない範囲で投資していきます。

日本株のうねり取りがうまくいけば追加で積み立てNISA枠に回したいですが、うまいこと行かないですね。

 

去年末からの、株価下落でどの銘柄も塩漬け状態です。

 

クレジット決済で半強制的に給与天引きできる積み立てNISAの組み合わせはとても心強い投資システムです。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
広島ブログ



-NISA

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界同時株安を拾いにいきます。第2弾は米国増配株VIG。

株価下落が収まりません。 米国市場、日本市場、そしてベトナム指数も軒並み下落の流れです。   去年末からの株価好調時にある程度利確したり、日本株で上がりそうない株をちょい損切とかして買い付け …

ジュニアNISAの買い付けはドルコスト平均法作戦で。(1回目)

投資や銘柄の勉強は継続していきますが人生は有限です。   投資について学んで行くのは楽しいですが 何時間も悩んで結論を出すより、一瞬で判断して投資にかける時間を出来るだけミニマム化してきたい …

バンガード 米国増配株式ETFをNISA枠へスイッチング検討

2019年も始まり、新たなNISA枠が割り当てられました。   ジュニアNISAを含めて通常のNISAと積立NISAそれぞれ不複数管理しているので投資枠は必然にNISA枠を埋めることから計画 …

つみたてNISAポートフォリオ公開(9月度)

積み立てNISA9月度分の公開です。(2口座分です) 全ての銘柄において先月よりアップしています。 日本株インディックスも先月はマイナスでしたが今月はプラスに転じています。 メインで考えている楽天全米 …

ジュニアNISAの日本人利用率は0.2%程度。もっと普及すればいいのに。。

ジュニアNISAの日本人の利用率を調べてみました。   昨年ベースですが日本全体の未成年者の数は約2千万人。   そのうちジュニアNISAの口座を開いて運用しているのは約5万人です …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2019年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031