米国株 読書

米国会社四季報2020版

投稿日:2020-04-09 更新日:

今年も米国会社四季報の発売の季節がやってきました。

今年で3冊目。

春夏号と秋冬号がありますが、私は春夏号一択です。

去年もだいだい同じ時期に購入してます。

米国会社四季報は初心者でもとっつきやすく便利です。

2020年版は巻頭のコンテンツが面白いです。

・新型コロナの急落記事が織り込まています

3月12日時点の情報がはいっており、反撃リスクに挑む最強銘柄がいくつか紹介されてます。どの銘柄もコロナショックに反撃する有望な銘柄。私が保有する銘柄も入ってました。

・人気ブロガー座談会記事あり。

プロの機関投資家の記事でなく、一般ブロガーの対談記事を巻頭に入れてるのには好感がもてました。

バイアスがほとんどかかってない方達だと思われ、普通の一般人目線な内容で、米国投資を始めようとしている方が読めば、わりと米国株が身近に感じれると思います。

 

3年連側買い続けていると、過去の四季報と見比べができるのも魅力のひとつです。

私が特に気にしているのは業績予測。

予測した数値と、一年後の四季報で実績値が分かり、そのギャップがあるのかないのかでその企業の好調さや堅調さを見て取ることができます。

あと、従業員や、CEOの年間納品報酬も毎年買っていれば見比べ出来るので面白いです。

また、媒体は紙が良いですね。

持ち歩く訳ではないので家でじっくり検討するのには紙媒体と付箋がしっくりきます。

コロナショックでだれもが先行きを予想することなんてできませんが、米国会社四季報でデータとファクトをじっくりと読み込んで、経済の荒波を溺れないように進んでいきたいです。

 



-米国株, 読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国株ポートフォリオ公開(3月度)

米国株ポートフォリオ公開の公開です。 先月より大きく含み益のパフォーマンスが下がりましたが、本日時点では反発してます。 しかしコロナショックで乱高下で真っ只中にあるのでしばらくは過激なランダムウォーク …

バフェットの銘柄選定術は、実践的な本だがなかなか頭に入ってこない。。

私は企業のサラリーマンです。   職場は自宅から約20Km位離れています、主だった通勤手段はJRです。   ドアツードアで、約80~90分位かかります。もう10年以上も続けています …

君たちはどう生きるか。とりあえず行動してからでもなにも問題ないんじゃないかな。

80年前の小説が元になった漫画を読みました。     原作自体は読んだことないですが、漫画と文章が半分半分で構成されていて、全部が漫画で表現していないところが特徴的な一冊でした。 …

コロナショックでスーパーが品薄?買いの第3段はコストコ。

コロナショックで日本の経済活動が一時的に自粛傾向になってます。 政府主導ですので、ほとんどのイベントや施設は中止したり営業を自粛しています。 集団感染のピークを抑制するのには、仕方のない処置だとは思い …

楽天VTIもチマチマ売却

米国株式市場が市場最高値を更新しています。 以前の高値圏は去年の10月くらいでしたので、約10か月ぶりに株価が持ち直しています。 今後も株価は高値圏を突き進むのか、それとも景気後退期に入るのか、経済情 …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930