映画

世界侵略のススメ

投稿日:2019-06-09 更新日:

先日NHKクロ現でやってたイキイキ働くことについて考えていたら、、、

“脱おっさん”で生き残れ!?

面白い映画をアマゾンビデオで見つけて思わず観賞しました。

 

 

アマゾンビデオのお陰で、映画館にいくことは全くなくなりました。

あるとすればデートとか他の人と楽しむことを目的にしないかぎり行くことなないでしょう。ひとりで映画をみるには家でアマゾンビデオが見るのが最適解です。

内容はマイケルムーアが他国の人々に取材し学べる情報を自国に持ち帰る趣旨のドキュメンタリーです。

自国のアメリカをかなり批判的に描き自虐的な部分がありましたが、映画全体でみればアメリカを憂うムーアなりの愛国心がこの映画からにじみ出てていました。

ムーアが切り取る内容は、労働、経済、教育、歴史、ドラッグ、犯罪、女性問題と幅広い切り口で充実した内容でどれも見ごたえがありまったく退屈することなく2時間が過ぎました。

そのなかでも、世界の労働観については考えさせられる内容が多かったです。

 

・イタリアの労働事情

休暇がとても多い。法規制で労働者の休暇がかなり充実している。

アメリカは法規制がないので実は有給休暇の概念があまりない、交渉して取得するもの。

工場の昼休みは2時間が当たり前、家に帰って食事を愉しんでる。

イタリア人の価値観として過度にリッチなることに意味を見出していない。

それにも関わらず労働生産性は世あの上位にいる。

イタリアは年間4週間の有給休暇は当たり前、アメリカは3週間とれれば良い方。

 

・ドイツの労働事情

1週間に36時間働いて、40時間の成果を出す国。

企業の監査役に経営者だけでなく、会社の労働者に就かすことが義務付けられていて、企業の腐敗を内部管理できる仕組みを作っている。

休日に上司が部下に業務内容をメールすることは違法。

 

労働は労働で割り切っていることが普通の国なんですね。それでいてどちらも生産性が世界トップクラスです。

イタリア・ドイツは効率的に働いて稼いで、残りは仕事以外で幸せな時間を過ごして暮らしている国です。

一方のアメリカは稼ぐことそのものが幸せだ、というような価値観があると思います。

日本は働くことそのものが幸せだという価値観があります。

どの価値観も正解は無いんですが、他国の事情や価値観を映画を通じて知ることができて大変面白かっですね。

他にもたくさんの国の事情もムーアの視点で映画かれています。

今回は労働目線での他国の価値観を備忘録で書きましたが、労働以外のテーマでも機会があれば書き残しておこうと思います。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
広島ブログ



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界侵略のススメ。その2

マイケルムーアの映画一本でいろんな国の事情か垣間見れてお得でした。 前回では各国の労働感をメインに書きましたが、それ以外でも様々なお国の違いが分かります。 世界侵略のススメ     …

【映画】青いパパイヤの香り。 

ホーチミン激安旅以降すっかりベトナムにはまりました。   アマゾンビデオで、ベトナム関係の映画をさがしていたら、この映画にたどり着きました。   映画の題名通り、南国のパパイヤの香 …

440億ドルを持っているふつうの男性。バフェットのドキュメンタリー映画

今日の午後は自宅で自由時間がとれたのでアマゾンプライムで映画を見ることにしました。   特に観る映画を決めていなかったのですが、アマゾンのお勧め映画を辿ってくとピンとくる映画に出逢うことがで …

アップルの映画を観れば観るほど、日本経済の行く末が心配になる。

アマゾンプライムでアップルの創業者スティーブジョブズの映画を観ました。 PS4経由でアマゾンプライムにアクセスして200円程で視聴しました。 映画館に行く手間も省けレンタルビデオ屋に行く時間も節約でき …

ペンタゴンペーパーズはワシントンポスト【GHC】が題材の見ごたえのある映画

3連休だった最終日は車のイベントの移動で大分から夜中の3時に起きて、早朝移動で広島まで帰ってきました。その疲れもあって一日中で家でまったりと過ごしてました。   そんな日はアマゾンプライムで …

グーグルアドセンス


広島在住の機械系エンジニアです。
日本3割と米国7割を目安に個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930