雑記

“脱おっさん”で生き残れ!?

投稿日:2019-06-06 更新日:

帰宅した後のテレビはもっぱらスマホしながしがら流しっぱなしが多いです。

“脱おっさん”というタイトルに惹かれてNHKのクロ現の30分番組をついつい見てしまいました。

サブタイトルは

人生100年時代、生き生きと働くための5つの力

①まずはやってみる

②仕事を意味つける

③年下とうまくやる

④居場所をつくる

⑤学びをいかす

というものでした。

番組の中身は、40~50代の企業のベテラン社員が今勤めている職場を離れて別な職場で働いてみて新たな発見や能力UPを試みるというような内容でした。

ベテラン社員の会社は自動車関係の大手企業、そして別な職場というは中小のIT企業。

1週間に1回程度中小のITベンチャーを経験してみて刺激をうける。。。

みたいな内容でしたが私にはとても違和感満載でした。

生き生き働くとといっても、企業の労働者から別の企業の労働者になっているだけ。

職種が全く違う畑違いの職場というだけでシンプルにいえばバイトのかけもちです。

単に大手企業が副業を認めてると言った印象です。

自動車業界の雇用は崩壊しつつあります。

逆にIT系の企業は人手不足が今後の10年予測で懸念され問題となってます。

その間にリクルートのような人材斡旋業者が入って仲介して雇用流動性を高めている。といったのが私の見立てです。

どっちみち雇われ労働者じゃん!

企業が求める生き生き職場の大前提は生産性を上げることに他ありません。

企業が求める生産性の向上に、労働者はなかば無理やり付き合わなくてはならない部分があります。

この付き合わなくてはならない部分が、個人が考える生き生き人生とは必ずしも一致しないです。

この番組をみて考えました。

ホントに生き生きできる人生ってなんだろう。

出来れば労働は最小限で遊びたい。

楽して暮らしたい。

3食べれて寝る場所が確保されればよい。

好きな事だけして暮らしたい

 

自分が考える本音の部分を掘り下げました。

たぶんこれからどれも少しづつ可能になってくると思います。

いわゆるこれまでの労働はAI等の進化でなくなってしまいますし、する必要がなくなってきます。

いわゆるこれまでの労働を人間がしないだけで、生産性は維持されます。

日本の場合は生産性が向上していくことはないかもしれませんが、現状維持されるだけで衰退しなければ御の字だと思います。

そんなに働かなくっても生産性が維持される時代になります。

なのでこれまでになかったような事が仕事になり収入源になります。

例えば、eスポーツだったり、ユーチューバーだったりブログを含む個人メディアも仕事の一部になり得ます。

しかし暮らせる程の収入は大半の人が望めないから、これまでのいわゆる労働的仕事で補っていく世の中になっていくでしょうね。

番組で紹介されていた、企業の職場から別な企業の職場で一時的に働くと言った雇用形態はあくまで企業間の需要と供給の人材の流動性の問題で、社畜労働には変わりはないのです。

社畜労働の世界でいきいきと働くことを考えさせられてるのはなにか違う気がする。

でも好きなことだけして暮らすってことも誰もができることではないし決して簡単ではない。

結局自分自身で見つけて行くほかないんでしょうけど、そこそこ働いて豊かに過ごしてきたいのが今の私の思いです。

労働する場に多くは求めなくてもすむ状態にはしたいですね。

労働する場に生き生き感を求めるのも違うと思います。

労働は割り切ってこなし、それ以外の時間を豊かに過ごすことがいま私が考える最大限の生き生き人生です。

投資などの資産運用で労働をする必要がなくなれば、いわゆるセミリタイヤ・アーリーリタイヤになるのでしょうね。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
広島ブログ

 

 



-雑記

執筆者:


  1. 生産性ということで言えば、給料上げて休みを増やせば格段にあがるような気はします。あとAIなどの活用で人間ができる仕事が削減されてくるという意見はよくありますが個人的にはたいして進まないんじゃないかと感じます。

    もちろん徐々には進んでくるでしょうが、導入費を賄えない企業は多々あると思います。

    活き活きと生きるのに普段と違った視点を持つことは大切だと思いますができれば労働以外で見つかった方がいいですね。
    生活の主が労働でない場合は労働でもいいですが、たいして活き活きとした視点は見つからない気がします。

    • うえぞん より:

      クロスパールさん

      こんにちは。

      AI活用は、日々進化していくと思いますが実感が無いくらい少しづつ、徐々にっていう感じだと思います。
      多大な恩恵が受けられるのは次の世代くらいかもしれませんね。

      >活き活きと生きるのに普段違った視点を持つことは大切だと思います。
      私もそう思います。労働という視点ではなくって、収入という視点に立つことが大事かなと。
      株式投資やブログ等がまさにそれだと思います。

      労働しながら別な楽しみでも収入が可能な、決して白黒でないグラデーションのような働き方が増えてくのかなと思ってます。

      ところでNHKの情報番組って鵜呑みにできないことが満載です。特に年金や老後のことは過度に煽る番組が多いかなと。
      NHKだけに罪深い内容が多いです。NHKを鵜呑みにするのは天気と地震情報だけにしています。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海のテンションダダ下がり。高速道路で違反切符を切られる。。

今週末は全国的にとんでもない猛暑です。 こんな猛暑な週末は、毎年といっていい程近県の浜辺に向かいます。 広島から高速で1時間ちょっとで日本海側の海へ行きました。 簡易シェルターを浜辺に持ち込んでまった …

ジャングルの奥地でも経済社会は押し寄せてくる。

普段、テレビは付けているだけであまり見てないのですが、今日の夜放送されているテレビは久々に長時間見てしまいました。   サバイバル系のジャンルは結構好きです。   一時期スカパーの …

サラリーマンはドコまでいっても時間拘束の稼業。わかっちゃいるけど嫌気がさす時もある。

株式投資を始めて、サラリーマン月給がいかにリスクの少ないものであるのかとういう事を意識させられてます。   良くも悪くもサラリーマンは時間で拘束されその対価として給料が支払われています。 & …

老後は一生来ない。老後の為に資産運用するのはやめたほうが良い

老後は一生くることはありません。   正確に言うと、老後は今現在の自分自身に対して、そう遠くない未来の事を考える意識の事だと考えるからです。   どうしてかというと ’90年代頃に …

プロ野球引退後の希望はサラリーマン?人は潜在的にリスクを嫌うもの。

プロ野球引退後に就きたい職業1位は『一般企業で会社員』   日本野球機構の調査結果の記事をみて少し驚きました。 プロ野球選手は憧れの職業ですが、実際になった人からの目線ではリスクの少ない安定 …

グーグルアドセンス


広島在住の機械系エンジニアです。
日本3割と米国7割を目安に個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930