AI 映画

愛車、愛犬、そしてAI。

投稿日:

AI技術が進歩したら、AIと恋愛しても不思議ではなくなる日がもうそこまで来てるのかもしれない。

 

人が愛する対象は何も異性や家族とか人間だけにはとどまりませんよね。

たとえばクルマ。

機械製品なのにもかかわらず、愛車と表現したりします。

【愛車は家族】ではじまるCMのキャッチコピーが昔あったくらいです。

動物やペットも同じですね。

犬は愛犬と呼んだりすることもあります。

それでは最近特に目覚ましい技術発展をしているAIに、こんなことがおきるのでしょうか。

以前、手塚治を機械学習したAIが週間モーニングの巻頭にでていてそのクオリティにビックリしました。

AI手塚治虫がマジで凄すぎ。 AIを学んでみたい。

AIだと説明がなければ、本人が書いたとしか思えなかったです。

漫画以外でもAI美空ひばりが、ご家族や関係者・Fanの方に新曲を披露して感動を呼んでました。

故人へ冒涜だとか批判が様々ありますが、私は番組をみて素直に感動しました。

その番組の中で感動している方を見て、AIの可能性にワクワクしたし、AIは人を今以上に豊かにしてくれるツールになっていくだろうと感じました。

そして人間にとって一番身近な家族や異性についてはどうでしょうか。

家族や異性がAIだったらどんな人生になていくのか。

映画【her/世界でひとつの彼女】ではAIと人間の恋愛模様が描かれています。

 

映画の中で描かれているAIと人間との間のいろんな出来事が、こんなことって実際にありえそうだなと納得できるシーンがたくさんありました。

2014年公開で5年以上も前の映画です。

公開当時にみたとしても、あまりに先進すぎてリアリティが持てなかったもしれません。

しかし、AI手塚治虫やAI美空ひばりが登場し、AI技術がひと昔前よりグッと身近にかんじられる世の中になっています。

なので、AIと過ごす家族や異性もあながちSFではなくなってきてると思ってます。

この映画で描かれているAIとの恋愛模様は、いずれ実社会でも起こってもなんら不思議ではないです。

映画の中では、AI自身が男性との関係に苦しみ、説明がつかない感情(アルゴリズム)に苦しめられて悩む場面があります。

人間同士が感じる恋愛模様となんら変わらない関係が映画では描かれています。

愛車や愛犬と呼ばれるように、愛AIと扱われる日もそう遠くではないなとこの映画は教えてくれました。

映画としても十分満足いく内容でオモシロかったですね。

人間の恋愛対象は必ずしも人間だけではない。

こんなことが世の中的に、あたりまえになる日が近くなってるかもしれないですね。

 



-AI, 映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

THE MOLE(ザモール)

北朝鮮へのスパイ行動をしていたデンマーク人の10年間を追った実録ドキュメンタリー。 ネットフリックスで視聴できます。 北朝鮮への武器輸出入の闇のビジネスを、隠しカメラで赤裸々に映像化されています。 イ …

【映画】青いパパイヤの香り。 

ホーチミン激安旅以降すっかりベトナムにはまりました。   アマゾンビデオで、ベトナム関係の映画をさがしていたら、この映画にたどり着きました。   映画の題名通り、南国のパパイヤの香 …

映画【火垂るの墓】の感想が大人になって変化してくる

火垂るの墓をアニメ化した監督が死去されて改めて注目されているこの映画の感想が子供の頃みたのと親になった最近では全く違う見方になって変化してきたので書きたいと思います。   この映画を始めてみ …

世界侵略のススメ。その2

マイケルムーアの映画一本でいろんな国の事情か垣間見れてお得でした。 前回では各国の労働感をメインに書きましたが、それ以外でも様々なお国の違いが分かります。 世界侵略のススメ     …

世界侵略のススメ

先日NHKクロ現でやってたイキイキ働くことについて考えていたら、、、 “脱おっさん”で生き残れ!? 面白い映画をアマゾンビデオで見つけて思わず観賞しました。     アマゾンビデオ …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031