映画

映画【火垂るの墓】の感想が大人になって変化してくる

投稿日:

火垂るの墓をアニメ化した監督が死去されて改めて注目されているこの映画の感想が子供の頃みたのと親になった最近では全く違う見方になって変化してきたので書きたいと思います。

 

この映画を始めてみたのは小学生くらいのころで、高校生の頃まで夏のTV映画でほぼ毎年流れていたので観ていました。そのころの感想は戦争の悲惨さや食糧難で尊い命が奪われ、悲しい感情を抱くものでした。

 

ところが、自分が結婚し子供が生まれ家族をもつようになってからは子供の頃みた感想とは違ってきている自分に気づきました。

 

どういうことかと言うと、主人公の兄貴が原因で、主人公の節子が死んでしまったのではないかという疑問が生まれてきて、兄貴が元凶なのでないかとう疑問が消えません。

 

物語の中では、親せきに引き取られ、愚痴をこぼされながらも生活していましたが、文句をいわれるのを嫌がり、兄弟であてもなく出ていき、兄貴が無心して食料を調達しようとしますが、うまくいかずあげくのはてには妹を餓死させてその後自分の餓死してしまいます。

 

そもそもなぜ親せきの家を自ら出ていったのか?

 

戦時中の食糧難の中であてもなく仕事もない未成年が暮らせるほど、豊かな時代ではなかったはずなのに。

 

親せきから毛嫌いされようが、ナゼ我慢して親せきを頼らなかったのか?

 

頼ってさえすれば妹は命を失くす必要がなかったのではないかいう疑問に変わり、自分が子供の頃観た感想とは変化していきました。

 

むしろ物語の中の親せきの人たちに同情します。食糧配給の毎日で兄弟二人を引き取りやりくりしていってた訳ですから偉いとさえ感じます。

 

元凶は兄貴の幼稚なプライドではないのか?

 

結局大切な家族(妹)の命を奪うわけになるのですから、親せきの家を出て行った兄貴の判断は重罪に値すると思います。

 

家族を養ったり守ったりすることが一番と考えるならば、己の自尊心など気にする余裕なんかないはずなのに馬鹿野郎!

 

最近この映画を見るたびに、兄貴の判断が憎くてしかかたがなく、怒りを覚えるようになりました。

 

兄貴の幼稚な決断がが妹を死に追いやったんだ、親せきにしがみついてつらいかもしれないけどナゼ辛抱して家に留まれなかったのか?

 

リアルに自分の家族の事としてして捉えると、この兄貴に憤りを覚えます。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界侵略のススメ。その2

マイケルムーアの映画一本でいろんな国の事情か垣間見れてお得でした。 前回では各国の労働感をメインに書きましたが、それ以外でも様々なお国の違いが分かります。 世界侵略のススメ     …

CODA コーダ あいのうた

聴覚障害のある親をもつティーンエイジャー。 父も母もそして兄も聴覚障害をもち、主人公の女の子ルビーだけが健聴者。 家族でただひとり耳が聞こえるので、家族との会話は当然手話。 漁業で生計を立てている家族 …

愛の不時着。戦争は終わってない現実を突きつけさせられるドラマ。

北緯38度線。 軍事境界線がひかれ非武装地帯が存在する北朝鮮と韓国の間で通過することの許されない事実上の国境。 物語の舞台は、この境界線の両側で繰り広げられています。 ドラマには、何度も何度も南北境界 …

ヱヴァンゲリヲン新劇場版

2回見て1回目は、映画館で見ました。 緊急事態宣言の真っ只中近くのシネコンで、観客はたったの2人でした。 ほぼ貸切のなかで、どっぷりとヱヴァンゲリヲンの世界観に浸ることが出来ました。 しかし、この映画 …

THE MOLE(ザモール)

北朝鮮へのスパイ行動をしていたデンマーク人の10年間を追った実録ドキュメンタリー。 ネットフリックスで視聴できます。 北朝鮮への武器輸出入の闇のビジネスを、隠しカメラで赤裸々に映像化されています。 イ …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2018年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031