うえぞんの日米株式投資生活

40代サラリーマン投資家です。日米株式を通じて経済社会を学び、より良い人生に繋げていきたいと思います。

映画

映画【火垂るの墓】の感想が大人になって変化してくる

投稿日:

火垂るの墓をアニメ化した監督が死去されて改めて注目されているこの映画の感想が子供の頃みたのと親になった最近では全く違う見方になって変化してきたので書きたいと思います。

 

この映画を始めてみたのは小学生くらいのころで、高校生の頃まで夏のTV映画でほぼ毎年流れていたので観ていました。そのころの感想は戦争の悲惨さや食糧難で尊い命が奪われ、悲しい感情を抱くものでした。

 

ところが、自分が結婚し子供が生まれ家族をもつようになってからは子供の頃みた感想とは違ってきている自分に気づきました。

 

どういうことかと言うと、主人公の兄貴が原因で、主人公の節子が死んでしまったのではないかという疑問が生まれてきて、兄貴が元凶なのでないかとう疑問が消えません。

 

物語の中では、親せきに引き取られ、愚痴をこぼされながらも生活していましたが、文句をいわれるのを嫌がり、兄弟であてもなく出ていき、兄貴が無心して食料を調達しようとしますが、うまくいかずあげくのはてには妹を餓死させてその後自分の餓死してしまいます。

 

そもそもなぜ親せきの家を自ら出ていったのか?

 

戦時中の食糧難の中であてもなく仕事もない未成年が暮らせるほど、豊かな時代ではなかったはずなのに。

 

親せきから毛嫌いされようが、ナゼ我慢して親せきを頼らなかったのか?

 

頼ってさえすれば妹は命を失くす必要がなかったのではないかいう疑問に変わり、自分が子供の頃観た感想とは変化していきました。

 

むしろ物語の中の親せきの人たちに同情します。食糧配給の毎日で兄弟二人を引き取りやりくりしていってた訳ですから偉いとさえ感じます。

 

元凶は兄貴の幼稚なプライドではないのか?

 

結局大切な家族(妹)の命を奪うわけになるのですから、親せきの家を出て行った兄貴の判断は重罪に値すると思います。

 

家族を養ったり守ったりすることが一番と考えるならば、己の自尊心など気にする余裕なんかないはずなのに馬鹿野郎!

 

最近この映画を見るたびに、兄貴の判断が憎くてしかかたがなく、怒りを覚えるようになりました。

 

兄貴の幼稚な決断がが妹を死に追いやったんだ、親せきにしがみついてつらいかもしれないけどナゼ辛抱して家に留まれなかったのか?

 

リアルに自分の家族の事としてして捉えると、この兄貴に憤りを覚えます。



-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ペンタゴンペーパーズはワシントンポスト【GHC】が題材の見ごたえのある映画

3連休だった最終日は車のイベントの移動で大分から夜中の3時に起きて、早朝移動で広島まで帰ってきました。その疲れもあって一日中で家でまったりと過ごしてました。   そんな日はアマゾンプライムで …

クラウドファンディングから生まれたこの世界の片隅に

広島という土地柄は8月6日の日は、夏休みでも子供は学校に登校します。   広島生まれ広島育ちの私は、祖父母や親せきから何となく戦争体験や8月6日の原爆投下のことを聞きます。   大 …

【映画】ソーシャルネットワーク。面白かったですがfacebook個別株は買いません。

週末や仕事帰りの空き時間を利用して、楽器を愉しんでます。 数年前に中古ギターが我が家にやってきてくれて、独学で弾いてました。 しかし一向にやり方が分からず、いわゆる教則本で上達を目指してましたがさっぱ …

グーグルアドセンス


名前:うえぞん
年齢:77年生まれ広島在住
仕事:機械系エンジニア
投資:日本3割と米国7割を目安に個別株・ETF・投信信託をMIXして長期運用しています。


2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031