NISA

つみたてNISAの毎日積み立てを再開します。

投稿日:2019-05-13 更新日:

つみたてNISAの今年分を埋めるべく毎日積み立てを本格始動させます。

去年の11月を境に、積たてNISA口座の一部をほぼ休止状態にしていました。

つみたてNISA一時ストップ。買付け余力が無くなってきました。。。

ほぼ休止した原因は単純で、買い付け余力が無かった為です。

ほぼ休止状態というのは金額を最低投資額の100円に設定変更して、細々と続けていたのでほぼという表現にしています。

ほぼ休止状態から約半年、市場の予想とは異なり米国市場は1月から急上昇し現在に至ります。

その間、ロボアバイザーの運用がプラス運用でしたのでロボアド好調の間に投資元本を全て回収し買い付け余力を増やすことができました。

その買い付け余力で、運用コストの安い投資信託を積み立てNISA買い付けで長期保有していきます。

 

選んだ商品は

業界最低水準の運用コストで定評のあるeMAXIS SlimのS&P500を選びました。

eMAXISシリーズでは先進国株式の方が運用コストは若干安いのです。

しかし別のNISA口座とジュニアNISA口座で既に買い付けしているので、少しだけ趣向をかえパフォーマンス比較の意味も含めてS&P500を選びました。

 

積立て額は月額で37000円程で、12月までには約26万円程の投資元本を投入することになります。

しかし不安もあります。

本日時点の経済状況と言えば全く予断を許さない不透明極まりない情勢です。

中国が米国の輸入関税に対抗する形で米国からの輸入品に関税を引き上げましたね。

日本の景気動向指数が見直され、景気動向は6年ぶりに悪化に下方修正されました。

投資環境としては一般的には全くお勧めできないタイミングだと思います。

短期トレードやスイング投資であれば、今は追加投資するべきではないと思います。

しかし、長期投資では必ずしもそうではありません。

 

10年20年スパンの長期でみると、これから来るであろう下げ相場は買い時のチャンスと捉えることができます。

 

積立を再開するタイミングが今がベストかどうかはわかりません。

 

少しだけ過去を振りかえると、今年の1月が一番の買いタイミングでした。このタイミングで投資出来れば現時点のリターンは20%越えです。

10年スパンで考えれば今年の1月の買いタイミングも今の買いタイミングも誤差のようになっているはずです。

長期投資、長期投資、長期投資、ちょうきとうし、チョウキトウシ。。。。

念仏のように唱えて、淡々とに積み立てを続けていく覚悟です。

米中の景気動向なんて予測したところであまり意味をなしません。

日本の景気指数を憂いてもしようがないです。

どちらも個人ではどうすることもできない問題だからです。

個人投資家にできることは、投資をするかしないかだけです。

 

私はこのタイミングで積み立てを再開する判断をしました。

5年10年後は今日の選択がベターだったなと言えてると思うからです。

1か月に一度はNISA経過をブログに残して備忘録にしていきます。

 

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
広島ブログ

 

 

 

 

 

 



-NISA

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

つみたてNISAポートフォリオ公開(10月度)

積み立てNISA10月度分の公開です。(2口座分です)     先月と比較すると三分の一以下の評価損益となっています。汗)   先月までは半年くらい堅調だったので、久しぶ …

ジュニアNISAポートフォリオ公開。10月度分(投資信託編)

ジュニアNISA10月分の投資信託編です。 先月と比較して下がってます。 相変わらずひふみプラスはマイナス運用を突き進んでます。 ひふみぷらすはプラス圏に変わったところで解約したいですが、まだまだ先の …

ダイワETFリートをジュニアNISAで購入。ミドルリスクミドルリターン狙い

ジュニアNISAの投資残高枠をの一部をダイワリートのETF(1488)の購入に充てました。   2017年の後半11月頃にジュニアNISA口座を開設し、自分なりの目論見で楽天のVTI(米国株 …

積み立てNISA実績の公開(3月度)マジで凄まじい下げだ。。

積み立てNISA実績の公開です。 2口座分の公開です。 先月からのコロナショックで一気にマイナス運用です。 リーマンショック級の下げの規模です。 口座を恐る恐る確認しましたら、予想道理マイナス運用です …

ジュニアNISAの残り投資枠で株主優待銘柄を購入

ジュニアNISAの残り投資枠に、優待銘柄を選びました。   優待利回りが場合によって10%以上にもなりえるヤマダ電機【9831】です。   日本の家電業界はここ数年横ばいを推移して …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2019年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031