NISA 米国株

【VIG】バンガード米国増配株式をNISAで買い戻し

投稿日:2019-01-18 更新日:

先日特定口座で保有していたVIGを一旦売却して、本日NISA口座で買いもどす為、注文をだしました。

先日の売却価格が100.5ドルでしたので、一日に1ドル位既に上場しておりそそのまた1ドルプラスした指値で注文を出しました。

こんな短期で売買することは殆んどないんですが、NISAのETF買い付けの手数料がかからないので、マイナスになっていない銘柄を一旦利確してNISA枠にスイッチングしました。

スイッチングの間に上昇していれば高値掴みしていますし、下降し続けていいれば落ちるナイフに手を付けてしまうことになります。

要はどちらも後悔の念が湧き出てしまうということです。

今回は高値掴みのスイッチングになりそうです。

上昇するんだったら特定口座でもう少し様子をみようと思ったりもしますが、考えてもきりがないので、売却した翌日の今日には早速注文をだしました。

NISA枠なので買い付け手数料はかかりません。

お得感満載で良いですね。

約100ドルで売却して102ドル付近で購入。。

 

上昇分の2ドルが悔やまれますが、ベストな売買タイミングはほぼ掴むことが出来ないので、ある程度のあきらめは必要だと思います。

 

VIGは、これからの増配を続けていける将来有望な銘柄に投資できるETFです。

 

連続増配の優良企業だらけの優良銘柄で構成されています。

 

長期投資には外せないETFだと思います。

 

通常NISAで購入しておき、淡々とホールドです。

 

現時点では通常NISAは2023年度の買い付けまでです。

 

限られた非課税投資枠を賢く活用していきたいです。

 

 



-NISA, 米国株

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

積み立てNISA実績の公開(5月度)。

積み立てNISA実績の公開です。   概ねプラスに転じました。 SBI(S&P500)については毎日積み立てしており、保有口数が毎月微増しています。 コロナショックでも淡々と毎日投資 …

ジュニアNISAの買い付けはドルコスト平均法作戦で。(4月度分)

ジュニアNISA枠をドルコスト平均法で積み立て投資。 4月度分の買い付けになります。 買い付け商品は、オールカントリーではなく先進国株式にしました。 マイナス幅が大きいので少しでも慣らすために先進国株 …

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」から今年のNISA枠を考える

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018の結果がでてました。 私はこの投票に参加し、 楽天VTIとi-FREE S&P500の2本を推しました。 投票の結果一位を受賞した …

ビンファスト、アメリカ株投資

ベトナム最大のバイクメーカでもあり、アメリカナスダック市場に上場したビンファストに投資しました。 米ドルで10株、日本円で20株の合計30株ほど アメリカナスダック市場へはSPACとして上場しているよ …

ウォルトディズニーは娯楽産業の代表格。

米国個別銘柄の投資先を検討してましたが、ディズニーを候補に挙げたいと思います。   ものすごく長期で見ると株価はここ5年位は足踏み状態です。 株価はこのまま横ばいで推移していくでしょうか。。 …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2019年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031