NISA 日本株

ジュニアNISAポートフォリオ公開。2月度分(日本株式編)

投稿日:2019-02-01 更新日:

ジュニアNISAポートフォリオ日本株式編の公開です

 

過去の成績はこちらから。

 

前回公開したのが12月下旬のクリスマスショック後でしたので、そこからは幾分持ち直しています。

 

リートは底堅いです、昨年の踊り場から下落が日本株の全体相場だったのにもかかわらずリートはマイナスになりませんでした。

 

 

ある程度リートは不況に強いいう知識でしたが、実際に保有してみてその実力が分かりました。

 

無論今後のこことはわかりませんが、リート指数に連動する株式は市場全体とは異なる動きを示していることが実感として掴めました。

 

TOPIX【1306】は2017年の12月に購入しこれまでの期間のほとんどがマイナスです。

日本市場は17年の12月付近から天井を突き抜けていいないことになります。

 

この株はあまり保有しつづけてもメリットがないと思ってましたが、配当がでてます。

知りませんでした。配当利回りも1~2%台で、まあまあの水準だと思います。

しかしTOPIX連動の値動きを見る限り今後も日本個別株をメインにすることはなさそうです。

 

うねり取り目的や、先日の決算で好調だったジェイテックのようなダブルバガーテンバガー狙いの株や、ちょっと買ってみておきたい不動産に連動したリート株、どれも企業の成長に投資するものとは別の目的で日本個別株は購入しています。

 

積み立てNISAで日本株のインディックスである

三井住友-三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド

にいくらか投資していますが、スイッチングになりますね。

 

いまのところ日本株のインディックスはほとんど魅力がありません。

 

組み入れ銘柄をみてもワクワクさせるような企業はないです。日本の名だたる企業が連なっていますが日本版FANGのような企業は皆無ですね。

 

あと、ひふみ投信にもいくらか投資しているのでそれもスイッチングの対象になります。

米国インディックスの投資信託と比較するとそのパフォーマンスは歴然ですから。

 

このような比較は、ネットで調べればわかりますが、自分で投資していないとあまり印象には残りません。

 

自分の意思で大切な資産をリスクととって投資しているからこそ、気になりますし必然と他銘柄や同じ種類の商品と比較します。

 

身銭を切って投資しているからこそ、親身に考えることができ、結果として少しずつ投資の経験値がアップするのだと思います

これが実際に資金を投入せずエア投資でしたらここまで考えませんし比較もしないだろうしマイナスになっているときの精神状態がまったく違うと思います。

 

経験値が上がったところで、うまく儲けられるとは思っていませんが、心構えとか精神的な動揺はしなくなっていく状態にいきつきたいです。

株の上下に一喜一憂することなく過度にとらわれない精神状態になっていければ良いなと考えています。

日本株にしても、投資信託にしてもポートフォリオ全体としては今年はマイナスからのスタートです。

 

今後復活するかもしれませんし、景気後退へ足を踏み入れるかもしれません。

 

どちらにしても退場せず淡々と長期投資と一部うねり取りを織り交ぜて混沌とした市場を悠々と泳いでいこうと思っています。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
広島ブログ



-NISA, 日本株

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

JUKI(6440)は一生添い遂げるつもりで運用中

株式についてには日米共通の方針があります。 それは 一生持ち続けるつもりで買うことです。 ​​​ 結果的にJUKI株は数回売買してますが、それは利益確定が目的で、決して損切はしません。 株の売買の常識 …

ジュニアNISAの投資枠を超過したら自動的に特定口座扱いになります。

ジュニアNISAの年間投資枠は80万円までで18歳まで引き出し不可です。 投資枠はさておき、18歳まで引き出し不可というのが使いずらいです。   余剰金だと考えて投資をしていても、いつ何時な …

ビックカメラを売約

2年間くらい保有していたビックカメラを売却しました。 この所の株価好調な波にも関わらず、トレンドを無視した低調な株価でした。 購入したのは株価1600円付近の2年前。 トータルではマイナスの銘柄になっ …

JUKI【6440】をさらにS株でナンピン買い。

日経平均が今年初めの水準にまで戻しつつある中、もっか真逆の動きを見せているJUKI【6440】をさらにナンピン買いします。 といっても、買い付け余力が無いため、S株で最小限10株での購入です。 &nb …

ジュニアNisaの買い付けはドルコスト平均法で。(2月度)

先月に引き続きの買い付けです。 留まることを知らないように見える株式市場ですが、そろそろ調整局面が来てもおかしくないような状況です 今回は先月より少し多めの追加投資。 去年のちょうど今頃はコロナショッ …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2019年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728