NISA

ジュニアNISAポートフォリオ公開。12月度分(日本株式編)

投稿日:

ジュニアNISAポートフォリオ日本株式編の公開です。

 

 

前回公開したのが9月だったので約3か月ぶりになります。

 

9月時点では若干のプラスでしたが、今月は完全にマイナスです。

 

一番はTOPIX連動型の下げっぷりが半端ないです。

 

TOPIX連動のマイナスはしかたがないにしても、リートがマイナスになっていません。

 

不動産関連はTOPIXに連動していないことが分かります。

 

ヤマダ電機は企業業績の影響によりそもそも今年の中盤頃から悪くなっていましたので、下落幅が幾分少ないように感じます。

 

分散にはリート関連が良いのかもしれません。

 

ジュニアNISA分は個別銘柄をなるべく少ない割合にして、米国ETFの投資信託で分散させてマイナスにならない運用を考えて投資してきましたが、うまくいきませんね。

 

来年でジュニアNISA3年目になりますが、5年と言う非課税期間はほんとに微妙な期間です。短期とも言えず長期にしても物足りず。

 

帯に短しタスキに長し

 

といった印象ですね。

 

今年が仮に5年目だとしたら、間違いなくロールオーバーにしておかなければなりません。

 

果たしてこの制度は持続していくんでしょうか、せめて口座の引き出しは可能にならないと18歳まで原則引き出し不可のルールは子育て世代にとってはきついです。

 

ジュニアNISAの制度は普及していって欲しいですが、変動の激しい株式市場です。

 

おまけに現時点はかなりのマイナス運用です。

 

よほどの余剰資金と、長期目的で投資していないとほとんどの人がジュニアNISAを使うことが無いのではないかと思います。

 

子供の為の資金をリスクに回すこと自体が、世間一般に受け入れらるのは相当ハードルが高い気がします。

 

今後も出来る限りこのジュニアNISA制度の実態を赤裸々に公開していき、ごく普通のサラリーマン家庭に馴染むものなのか、検証していきたいと思います。

 

 

 



-NISA

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

2番底?でも淡々とドルコスト平均法作戦で。(6月度分)

ジュニアNISA枠をドルコスト平均法で積み立て投資。 先月の同じタイミングで同じ規模の額を積み立て投資しました。   銘柄も楽天証券で積み立てランキングングトップのeMAXIS S&Pを選び …

新元号 令和 発表日にジュニアNISA買い付け。ドルコスト平均法(3回目)

4月1日はエイプリルフールもありますが、今年は新元号 令和(れいわ)の発表日でした。   日経平均も新元号ご祝儀相場なんて報道されて前日比でプラス300円と好調のようでしたね。 個人投資家の …

ジュニアNISAポートフォリオ公開。6月度分(投資信託編)

ジュニアNISAポートフォリオ6月度分、投資信託編の公開です。 先月からさらにパフォーマンスが上がっています。 コロナ禍でほぼ回復しつつある米国市場ですが、実態経済との乖離が大きいように感じていますね …

積み立てNISA(4月度)

積み立てNISAが今年から始まっており、SBIの毎日投信を利用して積み立てを行っています。   毎日投信の最大のメリットは、ドルコスト平均法の考え方で投資できることだと思います。 &nbsp …

今年のジュニアNISA枠はeMAXIS Slim 先進国株式で決まり。

今年に入り新たにジュニアNISA枠が発生しています。積み立ての上限は年間80万円の5年間、合計で400万迄です。   全ての投資枠は使えそうにないですが、出来るだけこの非課税枠を有効に使って …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2018年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31