日本株

JUKI【6440】をナンピン買い

投稿日:

日米の市場が乱高下するなか、基本的にはなにもしないですが明らかに割安かなと思える銘柄もありましたので少しナンピン買いしました。

 

 

S株で20株程ですが、こうゆうバーゲンセールだと思える時期にはやはり少しアクションをとりたくなります。

PERは10倍くらいあったのが6倍程度まで下げてますし、直近の四半期決算は増収増益の報告でした。

その結果を受けて株価は1,500円付近まで上げて横ばいを推移してましたが、日米の株価下落のトレンドをもろに受けてJUKI株も下落です。

 

今後もうねりながら推移していくものと思われますのでここで少しナンピンしました。

 

うねり取りするのは銘柄を絞ってしないと大火傷の心配がありますので、今の所JUKI銘柄のみで売買を考えています。

 

私の基本方針は長期投資の、コアは米国インディックスです。

 

今回の買い方は、短期色が強いですが売買比率は全体のポートフォリオのせいぜい1%以下でやっているので、ちょっとした売買のガス抜きみたいな要素の含めての買いです。

 

メインの買い方では決してなってはいけないんですが、毎日株価の変動を傍観していると少しは動きたくなるのが人間の性だと思います。

 

その性に無理に逆らうことなく、自分の感情を素直に受け入れて長期投資にガス抜き要素としての短期売買するのも必要かなと感じています。

 

ウォールストリートジャーナル発行のバロンズ拾い読みの記事で

 

長期投資家にとっても全く売り買いしなくてやり過ごすことができるのは、牢獄にでも入れられていないと限り不可能だ。

 

とコメントしているファンドマネージャーの記事を読んで思わず納得しました。

 

こんなに上が下げが激しい市場を見続けていいたら、投資家であれば何かしたくなるのが性だと思います。

 

火傷しない程度に、少々の短期売買でのガス抜きは長期投資をするうえでのコツなのかもしれません。

 



-日本株

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜ神戸製鋼(5406)をバリュー投資できたのか?

’17年10月頃に神戸製鋼データ改ざん報道があり、株価は3割近く下落しました。   しかしこれは買いだと考えました。   改ざんの報道があったときに、なにがどのように改 …

TOPIXは売りだな。

日本株式市場の代表指数のTOPIXを売却しました。 2018年の高値付近で購入したので、一度もプラスにならずに手放しました。 本年度のNISA枠で米国中心(全世界)の投資信託にスイッチングする資金にす …

日米株好調の中、ひふみプラスを一部解約

去年のクリスマスショック辺りから比べると、日米株式とも絶好調です。 買いの欲望にそそられますが、信託手数料の高いひふみプラスを売却しました。 本日時点の保有状態はちょいマイナスです。 一時は3万くらい …

日本市場低迷の中、ヘルスケアリートに追加投資。

米中貿易が激しくなり、日本市場はダダ下がりです。 円高にも振れており、株式投資に嫌気がさしてしまいます。 本日、日本市場は低迷してますが、リート関連に新たに投資を行いました。 ヘルスケア&メディカル投 …

ジュニアNISAポートフォリオ公開。5月分(日本株式編)

ジュニアNISAポートフォリオ日本株式編の公開です。   前回公開したのは、2月でしたので約3か月ぶりの公開になります。 2月の時点の成績からはあまり変化はありません。 ジュニアNISAポー …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2018年12月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31