読書

【読書】資本論の不都合な真実。資本主義には不景気が必要。

投稿日:2018-12-22 更新日:

株式投資を始めて、経済社会や資本主義に関するものに昔以上に興味や関心が向くようになりました。

 

必然的に今読んでる本も経済社会や資本主義に関する本が多くなっています。

 

経済学を知らない人でも、資本論と言えばマルクスを思い浮かべると思います。

 

しかし原書は難しそうで読む気にならないし、そもそも書店に並んでても手にとって読もうとは思いません。

 

しかし、資本論の解説本なら比較的気軽に読むことができます。

 

きかっけは、米国株ブロガーのヒロさんの記事を読んだことでした。

 

 

どうしても筆者目線や筆者の主義主張が入ってきますが、難解な資本論をチャレンジするよりかははるかに簡単に学ぶことができると思います。

 

なので、資本論を読んで理解し、学ぶべき点を整理して出版してくれるのはほんとにありがたいです。

 

大げさかもしれませんが、資本論の辞書のような本ではないでしょうか。

 

そもそもマルクスはヨーロッパ(ドイツ)の人なので、仕事や労働に関しての考え方は、罪や奴隷のような価値感が濃い思想の持主だと思ってます。

 

一方日本は、仕事や労働に関する価値観は、労働そのものが罪や罰などではなく、尊いものだとする考え方があり西洋の労働に対する考え方とは少し異なっています。

 

私がこの本を読んだ感想は、仕事そのものにやりがいや尊さを求めている部分が少なからずあったのでこの本を読んでみて衝撃的な内容が多かったことです。

 

だからと言って、西洋の労働価値観に明日からなれるはずもなく、西洋の資本論の考え方を取り入れながら日本の文化や風土にあった独自の労働価値観を造って、今の日本経済があるのかなと思ってます。

 

この本の中で私にとって一番衝撃的だったのは、

資本主義は不景気そのものに意味があると説いていることです。

 

経済発展は100年単位で観ると右肩上がりに良くなっていますが、要所要所で歴史的な不景気を通っています。

 

その不景気が資本論にはなくてなならないものだそうです。

 

不況や恐慌には意義があり、これがあるからこそ資本主義は継続可能になるようです。

 

企業の競争が過度になって商品が売れ残り弱い企業は淘汰されていく。

言い換えると非効率な企業は淘汰されて効率の良い企業が残って次世代へ生き残っていくプロセスそのものが資本主義には必要だと説明しています。

 

このことを筆者は命がけのテストだと表現されています。

 

これが資本主義の原則めいたものだとするなら、いつか必ず不況(リセッション)が起きなければならないことになります。

 

しかしいつ来るのかは分かりません。。。

 

でも必ず不況は経済資本社会の必然だという点この本を読んで一番の収穫でした。

 

不況や恐慌や避けれるものだと考えていましたが、いつか必ず起きることが前提なのです。(怖

 

まさに今の時期が不況と呼べるものかどうかはわかりませんが、不況に備えることはできるかもしれません。

 

例えばフルインベストではなしに、少し現金比率をあげていくとか。。

 

しかしこの資本論通りの世界だと強者しか生き残れない残酷な社会です。

 

現実は政府機関の補助金等で弱い企業は下支えしされているので、必ずしも弱者が淘汰されている訳ではないですが、資本論目線では悪なのです。

 

経済社会には不景気が必要という不都合な真実を知るだけでも、この本と出逢えて良かったなと思います。

 

 

 



-読書

執筆者:


  1. マルクス資本論は昔よく勉強した記憶があります。
    純粋な資本主義社会では弱者は淘汰されますが日本においては社会主義の要素も秘めておりこの通りにはなりにくと感じます。

    ただ世界の大枠は資本主義でまわっていることからリセッションは必ず起こるので個人としては起こる前提で投資や生活をしていくことが大切だと思います。

    • uezon より:

      マルクス自体の名前は知っていましたが、中身については株式投資を始めてから興味を持つようになりました。
      確かに日本は社会主義の要素を含んでいて純粋な資本主義社会になっていないと思いますし、世界を見渡しても資本論通りの理想国家は無いのかなと思います。

      リセッションが必然なんて受け入れ難かったですが、この本に出逢い資本論を垣間見れて勉強になりました。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

投資で一番大切な20の教え

紹介する本はいわゆる投資のハウツー本ではなく、心の持ち方とか精神論を主に語ってる本です。 冒頭に 投資においては科学よりもアートの要素が強い とあり 原理原則が経済社会・投資の世界では存在しないと明言 …

敗者のゲームは長期投資を行う人は一度は読むべき本

長期投資を行う方には一度は読んでもらいたい本です。 主に米国株を中心に過去の歴史から未来を考え、長期投資がいかに重要で 市場の予測が困難で、市場平均を買うべきだ(インデックス型の投資信託)との趣旨が主 …

【読書】サラリーマンは300万円で会社を買いなさい。 日本M&Aセンター【2127】をS株購入

休日に時間がある時にはよく本屋に立ち寄ります。 気になった本があれば大体は立ち読みで済ませますが、今回表題の本は立ち読みでもよかったのですが、本屋併設のカフェでTOEICの勉強をしたかったので、通勤時 …

米国会社四季報は初心者でもとっつきやすく便利です。

米国会社四季報が大活躍しています。 去年初めて2018年版を購入しました。今年で2冊目です。 秋冬号も発売されていますが私は基本的に一年で一冊更新されたものがあればよいかなと考えてます。 最近は読書も …

インベスターZから日本の投資の歴史がわかる

投資関連についての本はたくさん出版されています。特に米国関連でいうと大富豪のバフェット関連の本が有名です。   たくさん良いことが書いてあるとはおもいますが、私は信者にはならないように気を付 …

グーグルアドセンス


広島在住の機械系エンジニアです。
日本3割と米国7割を目安に個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31