読書

エンタメの夜明け

投稿日:

東京ディズニーランドを千葉県浦安に誘致した3人のプロデューサーにまつわる話です。

前例の無いようなプレゼンが、ものの見事に当たり、本場アメリカのディズニー役員達の心をワシ掴みし誘致を成功させたことなどが忠実に描かれています。

本書に登場するプロデューサーは、さぞ有名なのかと思いきや、決して歴史の表舞台にその名を馳せていない方ばかりで、偉大な黒子の偉業が分かる本になっています。

時代は1970年代から80年代のバブル絶頂期。

東京ディズニーランドの成功を真似てたくさんのテーマパークや遊園地が出来ましたが、10年以上生き残ってるものは殆どありません。

ディズニーブランドと施設のクオリティの高さは開園当時から疑い用もないほど確立されていたんですね。

そんなディズニーランドを誘致した、超個性的なプロデューサー達の活動がとても斬新でユニークでおもしろいです。

この本の作者の方も、エンタメに深く関わってる方で、東京FMで放送されていた、土曜夕方から始まる、アバンティの番組を製作されている馬場康夫さん。

このラジオは凄くよく聴いてました。土曜の夕方の時間にピッタリだったし、ウィスキーロックの音越しに聞こえてくる、各界の著名人の知的な会話がとても贅沢な時間を過ごさせてくれてました。

エンタメ一時代を間違いなく築いた方たちの仕事っぷりを堪能できる1冊です。

今コロナ禍になって、リアル娯楽施設は大きな岐路に立たされてます。

今の東京ディズニーランドもこれまでのスタイルを続けていく事は難しいかも知れません。

これからも人々の生活にエンタメは必要な不可欠だし、それこそが人間たるゆえんになっていくでしょう。

ディズニーはこれから世界のエンタメをリードしていけるのか?個別株持ってるし、今後のディズニーの行く末がきになってきますし、要チェックです。



-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国会社四季報2020版

今年も米国会社四季報の発売の季節がやってきました。 今年で3冊目。 春夏号と秋冬号がありますが、私は春夏号一択です。 去年もだいだい同じ時期に購入してます。 米国会社四季報は初心者でもとっつきやすく便 …

【東芝の悲劇】家電製品は信頼できるけど株は買わないと思う。。

  2017年に東芝の巨額損失が経済ニュースを騒がしてした時期に、ちょうどだされていたので、合間の時間をみて読んでました。   内容としては、決して許されることができない企業の業績 …

インベスターZから日本の投資の歴史がわかる

投資関連についての本はたくさん出版されています。特に米国関連でいうと大富豪のバフェット関連の本が有名です。   たくさん良いことが書いてあるとはおもいますが、私は信者にはならないように気を付 …

ワカコ酒と大衆酒場ワカオ

どちらのタイトルも居酒屋をメインにした漫画です。 ワカコ酒は、外食1人飲みの特別感が味わえる内容になっていて、一方の大衆酒場ワカオは、厨房から目線で、美味しいお酒と丹精込めた一品料理を提供し、料理を通 …

舞子さんちのまかないさん

自粛生活が長引きなかなか気軽に遠出ができない日々が続いています。 なので必然的に読書の時間がふえていきます。 最近はオーディブルなど音声アプリが発達したので車の運転中でも聞きながらの読書ができてべんり …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031