読書

働くということ。

投稿日:2021-10-21 更新日:

実際に富士重工(SUBARU)で会社員生活を送り、サラリーマンの酸いも甘いも経験した、サラリーマン手記の1冊となってます。

ベストセラー本の漫画版で、サクッ読めました。

働くってなんなのか?

作者が実際に経験したであろう、会社員生活の出来事から働く意義や答えを模索している内容になっています。

サブタイトルにもありますが、自己実現の欲求こそ労働の本質だと解いています。

その為には、社畜として不自由をくぐり抜けた先にようやく自己実現が見えてくるものだと。

目覚まし時計に起こされ、朝食片手に、満員電車に乗る不自由極まりないない環境の先に自己実現を測る機会に巡りあえるのだと。

かく言う私も20年以上サラリーマンしてるので、痛いほどこの漫画の言いたいことは伝わってきました。

しかし、サラリーマンの形態も時代を経て変わりつつあります。

リモートワーク普及して、時間拘束はこれまでと比べてライトな感じになってきてます。

さらに時差出勤なんかも一般化され、時間的不自由さは解消されている方向にあります。

この本の作者本人は、サラリーマンと作家の2足のわらじは難しいと判断し、15年間のサラリーマン生活にピリオドを打ちます。

しかし、世の中は副業解禁が進み、サラリーマン➕αの働き方は特別では無くなってきてます。

労働の本質が自己実現なら、サラリーマンでも副業でも両方でそれが可能になっていく時代になっています。

通勤しなくても働けることが出来ることが、コロナショックで証明されました。

自己表現や自己実現出来ないつまらない仕事は、テクノロジーでどんどん自動化されていきますし、これからも加速していくでしょう。

品川駅通路の通勤風景が社畜ロードとして揶揄されて話題になってますが、このような風景は少しずつ変容していくはずです。

嫌な通勤なんかしなくても、自己実現できて楽しみながら仕事できる環境は昔と比べてはるかに整ってます。

仕事や労働という言葉すら当てはまらないのが未来の働き方の姿のはず。

自己実現こそが労働の本質なら、これまで考えられなかった事が仕事になっていきます。

自己実現と言うと堅苦しいですが、自分らしく好きなことで生きて行けることが可能な世の中になってきているということです。

ほんの10年前までは、ユーチューバーなんて認知されてなかったし、スマホで仕事できるなんて想像すらできなかった訳ですから。

原作は仕事論の古典本として評価されてます。

昔より不自由な思いをしなくても、自己実現ができる素晴らしい世の中になってると私はヒシヒシと感じています。

働くということの漫画本を読んで、案外今の労働はそんなに悲観視する事ではないのかなと感じましたね。

 

 

 

 



-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

じょうぶな頭とかしこい体になるために

今回紹介したい本は、投資に直接関する本ではありません。   題名の通りじょうぶな頭とはなにかということが、子供向けにかかれています。   投資とは直接関係ありませんが、世の中で言わ …

投資で一番大切な20の教え

紹介する本はいわゆる投資のハウツー本ではなく、心の持ち方とか精神論を主に語ってる本です。 冒頭に 投資においては科学よりもアートの要素が強い とあり 原理原則が経済社会・投資の世界では存在しないと明言 …

世界一ラクなお金の増やし方】は、一般サラリーマン向けに特化した本。

土日で時間があれば、書店巡りをします。目的もなく新書などを手に取ってはパラパラめくりながら読むのがとても息抜きになり、自分の好きな時間です。。   投資を本格的に始めてからは、投資関連に関す …

旅の参考本はるるぶや地球の歩き方よりも。。

休日の本屋さんで、旅について書かれている楽しそうな本をまた見つけました。   旅行先へ行くまえに読む本は、地球の歩き方が定番ですが、今やネットで十分に除法が得られます。 今日読んだ本は、実際 …

【読書】Life Shift。人生はマルチステージ化に向かう。

YOUTUBEで良く見るDAIGOチャンネルでお勧めされてる本が気になっていたので、書店で立ち読みにふけってました。   立ち読みではじっくりと読みたい内容でした。けど立ち読みの方が驚くほど …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031