日本株 米国株 配当金

日本M&A【2127】とコカ・コーラ【ko】より配当金

投稿日:

日本個別株の日本M&A【2127】から配当金の連絡がありました。

 

額面は単元株以下の保有なので配当金も微々たるものですが、それでもインカム収入で鉄板の不労所得には変わりありません。

 

この銘柄は【読書】サラリーマンは300万円で会社を買いなさい。がきっかけで購入することになった銘柄です。

 

現在の日本企業の特に中小企業の多くは跡継ぎ経営者不足で深刻で買収が盛んにおこなわれている現状を本にしたものです。

 

サラリーマン向けに企業買収をもちかけている本で結構新鮮に読めましたが、冷静に考えるとバブルの頃の土地ブームとあまり変わらない気もしてます。

 

どのみち無リスク収入のサラリーマン稼業に、出資を持ちかけている構図です。

 

儲かる儲からないは別として、単純に今の日本企業の多くは企業売買を余儀なくしている会社多いのだとシンプルに考えました。

 

そなると、企業売買を生業にしている企業が一番恩恵を受けていると考えた結果投資と決断しました。

 

現在は株式市場全体の冷え込みにより株価はマイナスですが、M&A事業自体は活発で収益もまずますでうので、狼狽売りだけはせずに気長にホールドしておこうと思います。

 

配当も出してくれるので中型株としては、頼もしい企業ですね。

 

一方米国ディフェンシブ株の王道コカ・コーラ【ko】からも配当がありました。

 

コカ・コーラは4か月に一度配当があります。

 

米国市場もリセッションと感じさせるような指標になっています。

 

株価ばかりをみていたら、ストレスが溜まってしまう地合いで

す。

こんな時こそ配当金のありがたみが実感できて良いです。

配当金生活には程遠いですが、株価よりも配当金の割合を上げられていけば安定した投資生活になっていくんだと思います。

 

まあ最低でも10年以上先の事になりそうですが、コツコツと配当金を再投資しに回してゆっくりでも雪だるまを転がしていくようにします

雪だるまの大きさは決して人と比較しないで、変に周りと比べずに楽しみながら転がしていくのが長期投資のミソだと思ってます。

 



-日本株, 米国株, 配当金

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本個別株ポートフォリオ(4/26)

日本個別株のポートフォリオです。   米国国債の金利が上昇し、米国株の平均が軒並み下がっていますが、ここ数日間の日本株の波は好調に推移しています。   ここで日本個別株から米国割安 …

NETFLIXはどこまでもユーザー重視のサービス。

米国株FANGの内の成長銘柄銘柄の一つのNETFLIXを先月から契約して無料期間中に解約しました。   現在中学生の子供がみたいドラマがあるとのことだったので、無料期間中に見れるんならという …

ナイキ(NKE)は憧れを商売とする世界的企業

米国株を選定する基準は、自分にとって身近なもの、そして世界的も普及している企業を中心に選んでいます。 ナイキはその一つです。 特に若者が人口を占める新興国での成長が著しいです。 中国の売り上げも過去1 …

VISA【V】はルールを作る側の最強企業

今年に入ってからの日米の株価下落は、買いのチャンスなのですが、米国株はコカ・コーラをナンピン買いしたのみで新規銘柄の開拓を4月の中頃に模索してました。   模索の中、買いの候補としてクレジッ …

ビザとファイザーそしてスタバから配当金

ビザとファイザー そしてスタバから配当金が入ってました。 どれも10ドル未満の少額ですが、10月末で一旦配当金の年間をまとめて公開したいとおもいます。 米国株日本株それぞれから配当金は入金されています …

グーグルアドセンス


広島在住の機械系エンジニアです。
日本3割と米国7割を目安に個別株・ETF・投信信託をMIXして長期運用しています。


2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31