読書

マーティ・マクフライが私のヒーロー。米国への投資方針は揺るぎないものに。

投稿日:2018-11-17 更新日:

ひふみ投信で有名なファンドマネージャー藤野さんが書かれた本の中に印象的な事が書いてあったのでブログに残しておきたいとと思います。

 

中身の大半は専門的なことはあんまり書かれていないのでとても読みやすいです。

 

投資を始める前の方や、投資に興味が無い人が読むと面白いかもしれません。

 

お金についての本質的な話が書かれてます。

 

その一つ目は


その中で米国と日本のヒーロー像に違いあるが書いてありました。

 

日本のヒーロー像は基本的にお役人や公務員がほとんどです。

 

少し思い浮かべただけでも

 

ウルトラマン・水戸黄門・踊る大走査線・海猿。。。

 

全て国家に属した公の権力に対して憧れをもっています。

 

一方の米国は

バットマンやスパイダーマン等の民間人が多いです

しかもあまりパっとないどちらかと言えば目立たない、何の取り柄もないような主人公が実はヒーローというのが米国のヒーロー像です。

日本は国家に憧れを持ち米国は民間人に憧れをもっていて、このことが両国のお金の価値観に違いを持たせていると藤野さんは主張されてます。

国家が悪を倒すことが美徳されている根底には。

清貧の思想が根強いとしてます。

そして清貧が美徳とされ、お金が汚いことだという間違った価値観になっていると主張されており、私は大いに賛成しいたいと思いましたが。

 

また

この一文を読んだ時私は真っ先にあのバックトゥザフィーチャーのマーティが頭に浮かびました。

 

 

Are you chicken?

 

と学校の生徒からからかわれてマーティの親父もうだつが上がらない、ちょっと情けない家庭の設定です。

そのマーティが過去にタイムトラベルして両親に出逢い、そして違った未来が書き換えられていくというストーリーで大ヒットしたSF映画です。

 

当日中学生だった私の中で一番影響を受けた今でも色褪せない一番大好きな映画です。

 

続編も面白かったですがやはり元祖がいちばん好きです 。

 

元祖の映画の中で

マーティが若かれし父親に母親をなんとか口説かせようとするときに言うセリフがあります。

成せばなる。

If you put your mind to it, you could accomplish anything.

というシーンが大好きです。

自分たちの未来は自分たち自身で作っていくんだというメッセージが込められていると思います。続編でも同じような趣旨のセリフをドクが言ってます。

 

とにかくこの映画以上に影響うけた映画は他に現れないじゃないかと思う位影響されました。

 

日米どちらの映画もよく見る方だとおもいますが映画のヒーローは?ともしも聞かれたら私は真っ先にマーティを挙げますね。

 

米国投資もなんら抵抗がなく市場に参入していられたのはこんなことも理由のひとつかもしれません。

 

米国ポートフォリオはETFを除いてはどれも少なからず自分の中の好きな自分にとって愛着のある銘柄を選んでます。

 

銘柄選びで少なくとも愛着か湧くのか湧かないかと言うポイントは結構重要だと思ってます。

 

二つ目として

日本の株主総会は形式な内容ばかりで不真面目な会社が多いと書かれてます。

 

この点は私も同感です。

 

地元企業マツダの株主総会に始めて出席しましてが、会社側が株主を過度に接客してすこし気持ち悪い印象でした。

 

さらには総会中の株主からの質問に対しては、終始形式的な回答ばかりで本質に迫るようなものは何ひとつありませんでした。

 

株主総会は経営者と出資者が唯一面と向かって議論か出来る貴重な場所のばずです。

 

それが事前に議題に上がている決議を取るだけの為に半ば強引に粛々と進行を進めようとしている経営者の姿勢にすこし腹が立ちました。

 

株主は形式的な決議の為に、足を運んでいる訳じゃないと思います。

 

もっともっと真剣にお金や経営に関わることを明け透けに議論しても良いのでは感じました。

総会中は録音や撮影は禁止とさせていただくとあったのでなおさらです。

 

真剣にお金や経営のことをつまびらかに話す姿勢を全く感じれなかったのが、マツダの株主総会では一番印象に残りました。

 

なのでこの本にかかれている通り、日本企業は株主に真剣に向き合おうとする姿勢が感じられないという意味において不真面目であると言えるのかもしれません。

 

この本からも、私のポートフォリオは米国への投資配分は今後も増えていき日本株の比率は下がっていくと思われます。

 

ひふみ投信の組み入れ銘柄上位も米国株で占めるようになってます。

 

明るい未来を創造している企業は断然米国が多いと思います。

 

米国企業の多くは自分のハートを動させてくれるものがあります。

 

なので投資したいと信じて実行に移せるんです。

 

日本企業には正直なところハートを動かしてくれる企業が米国に比べ少ないのが残念です。



-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【東芝の悲劇】家電製品は信頼できるけど株は買わないと思う。。

  2017年に東芝の巨額損失が経済ニュースを騒がしてした時期に、ちょうどだされていたので、合間の時間をみて読んでました。   内容としては、決して許されることができない企業の業績 …

じょうぶな頭とかしこい体になるために

今回紹介したい本は、投資に直接関する本ではありません。   題名の通りじょうぶな頭とはなにかということが、子供向けにかかれています。   投資とは直接関係ありませんが、世の中で言わ …

株式投資の未来は明るい。過度な悲観論者の餌食にならないように 。

株式投資の未来という本を昨年末に購入し約4か月の時間をかけて読んでました。   株式投資を始められる方にはとてもお勧めしたいです。   基本的に経済社会は右肩上がりです。10年~2 …

米国株会社四季報

米国株の取引を始めてから半年以上たちました。   米国企業の情報はもっぱらネットやブログを参考に勉強しています。   米国株式投資関連のブログから、米国版の四季報があるのだと知りま …

【読書】資本論の不都合な真実。資本主義には不景気が必要。

株式投資を始めて、経済社会や資本主義に関するものに昔以上に興味や関心が向くようになりました。   必然的に今読んでる本も経済社会や資本主義に関する本が多くなっています。   経済学 …

グーグルアドセンス


広島在住の機械系エンジニアです。
日本3割と米国7割を目安に個別株・ETF・投信信託をMIXして長期運用しています。


2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930