読書

投資で一番大切な20の教え

投稿日:

紹介する本はいわゆる投資のハウツー本ではなく、心の持ち方とか精神論を主に語ってる本です。
冒頭に

投資においては科学よりもアートの要素が強い

とあり

原理原則が経済社会・投資の世界では存在しないと明言されています。

 

株価は人間の欲や嫉妬や恐怖、欺瞞などによって振り子のように左右され、それを理解した上で対策を講じるべきだとの趣旨が随所にでてきます。

 

私はエンジニアの仕事に携わっていますが、ある現象の分析や解析を行う際は原理原則(はっきりとした数式)が根拠としてあります。

 

力学や流体、熱力学等を扱いますが、高校や大学で学んだような方程式を元に解析や計算をして業務に活用してます。

 

一方経済学においては、根本となる方程式がなく、どちらかといえば美術的な要素が高いと主張しています。

 

この辺の主張についてはとても納得がいきました。

 

もし、経済に原理原則があるならば、得する方向に技術発展させていき市場に参加しさえすれば誰でも勝てることが可能になると思うからです。

 

しかし、

実際はそんなことありません。

 

株価の上下は企業の業績はもちろん含みますが、人間の欲によって予測不可能な振り子のようになり、それを予測することはできないとあります。

 

但し、過去から学べるものはたくさんあり、人間の欲を織り込んである程度の法則みたいなものが存在するとこの本では主張しています。

 

株式市場の世界は人間性そのものと言ったところでしょうか。

 

移り気で、気が変わりやすく首尾一貫してなく、正しいことも誤っていることも全て株価に織り込まれ、ランダムに動いていく。。

 

こんな法則のない世界のなかで、法則らしいもの(厳密には法則ではない)を見つけて対応することでうまくつきあっていく、負けない戦略で経済社会を泳いでいく。そんな趣旨をこの本から感じました。

 

下げ相場では、この本が特に精神面で活躍していくと思います。

 

上げ相場でも気を引き締めるために参考となるところがたくさんありました。

 

そもそもが気まぐれでふらちな世界なんだと思います、経済社会は。

 

だからこそ平均回帰性でプラスになる長期投資がますます重要なんだと改めて思いました。

 

短期売買は、やはりギャンブルに近いやり方です。

 

この本で、投資におけるメンタルを客観的に見ることができて、勉強になります。

株式市場は原理原則のないアートのような世界。。

 

人間社会と同じく
うまくつきあっていかなければなりません。

 

 



-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

社畜サラリーマンが週末だけで世界一周!?

週末久々に本屋さんに立ち寄りました。   本屋さんに入ると、普段気になっていることに関する本を手に取ってしまいます。 最近気になっているのは旅のこと、夏休みも近づいてきたので色々旅先関連の本 …

明日私は、誰かのカノジョ

表向きにはカミングアウトできない男女関係があまりにもリアルすぎる漫画です。 Kindleでも読めますが、紙媒体の中古本が定価でメルカリ等で取引されてる過熱ぶり。 しかも、最新刊が今週末発売されましたが …

大地の子 みやり

最後に咲く花になれ。 決して咲き急がす。大輪の花になれ。 実際の女子プロゴルファーの物語です。 ゴルフの坂田塾の塾生が、この漫画のモデルであり、原作は塾を主宰した坂田信宏氏。 スパルタで有名なのは知ら …

僕は麻理のなか

圧倒的な人物描写。女の子の一つ一つの表情がセリフなしでも伝わってきそうな程、絵力がハンパ無い漫画です。 どうしようもない生活を送っていた、引きこもり学生が、いつもコンビニで出会う女の子に惹かれて想いを …

舞子さんちのまかないさん

自粛生活が長引きなかなか気軽に遠出ができない日々が続いています。 なので必然的に読書の時間がふえていきます。 最近はオーディブルなど音声アプリが発達したので車の運転中でも聞きながらの読書ができてべんり …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2018年7月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031