読書

投資で一番大切な20の教え

投稿日:

紹介する本はいわゆる投資のハウツー本ではなく、心の持ち方とか精神論を主に語ってる本です。
冒頭に

投資においては科学よりもアートの要素が強い

とあり

原理原則が経済社会・投資の世界では存在しないと明言されています。

 

株価は人間の欲や嫉妬や恐怖、欺瞞などによって振り子のように左右され、それを理解した上で対策を講じるべきだとの趣旨が随所にでてきます。

 

私はエンジニアの仕事に携わっていますが、ある現象の分析や解析を行う際は原理原則(はっきりとした数式)が根拠としてあります。

 

力学や流体、熱力学等を扱いますが、高校や大学で学んだような方程式を元に解析や計算をして業務に活用してます。

 

一方経済学においては、根本となる方程式がなく、どちらかといえば美術的な要素が高いと主張しています。

 

この辺の主張についてはとても納得がいきました。

 

もし、経済に原理原則があるならば、得する方向に技術発展させていき市場に参加しさえすれば誰でも勝てることが可能になると思うからです。

 

しかし、

実際はそんなことありません。

 

株価の上下は企業の業績はもちろん含みますが、人間の欲によって予測不可能な振り子のようになり、それを予測することはできないとあります。

 

但し、過去から学べるものはたくさんあり、人間の欲を織り込んである程度の法則みたいなものが存在するとこの本では主張しています。

 

株式市場の世界は人間性そのものと言ったところでしょうか。

 

移り気で、気が変わりやすく首尾一貫してなく、正しいことも誤っていることも全て株価に織り込まれ、ランダムに動いていく。。

 

こんな法則のない世界のなかで、法則らしいもの(厳密には法則ではない)を見つけて対応することでうまくつきあっていく、負けない戦略で経済社会を泳いでいく。そんな趣旨をこの本から感じました。

 

下げ相場では、この本が特に精神面で活躍していくと思います。

 

上げ相場でも気を引き締めるために参考となるところがたくさんありました。

 

そもそもが気まぐれでふらちな世界なんだと思います、経済社会は。

 

だからこそ平均回帰性でプラスになる長期投資がますます重要なんだと改めて思いました。

 

短期売買は、やはりギャンブルに近いやり方です。

 

この本で、投資におけるメンタルを客観的に見ることができて、勉強になります。

株式市場は原理原則のないアートのような世界。。

 

人間社会と同じく
うまくつきあっていかなければなりません。

 

 



-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【読書】資本論の不都合な真実。資本主義には不景気が必要。

株式投資を始めて、経済社会や資本主義に関するものに昔以上に興味や関心が向くようになりました。   必然的に今読んでる本も経済社会や資本主義に関する本が多くなっています。   経済学 …

米国株会社四季報

米国株の取引を始めてから半年以上たちました。   米国企業の情報はもっぱらネットやブログを参考に勉強しています。   米国株式投資関連のブログから、米国版の四季報があるのだと知りま …

ざっくり分かるファイナンスを読んでも、会計の事が頭に入ってこない。

私の職業は機械系のエンジニアです。   学校も機会工学系を卒業してますので理系を主に学びそして社会にでても理科系の職業を生業に今日に至ってます。   一方で2005年位のホリエモン …

お金って何ですか? 実は考え方次第。

平日に時間が空いた時は本屋さんに行って時間を使うことが贅沢だなと思います。   最近の本屋さんはカフェを併設して気軽に本を持ち込んだりネットやスマホをして楽しむ空間が作られているので以前より …

【東芝の悲劇】家電製品は信頼できるけど株は買わないと思う。。

  2017年に東芝の巨額損失が経済ニュースを騒がしてした時期に、ちょうどだされていたので、合間の時間をみて読んでました。   内容としては、決して許されることができない企業の業績 …

グーグルアドセンス


広島在住の機械系エンジニアです。
日本3割と米国7割を目安に個別株・ETF・投信信託をMIXして長期運用しています。


2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031