読書

世界一ラクなお金の増やし方】は、一般サラリーマン向けに特化した本。

投稿日:2018-06-24 更新日:

土日で時間があれば、書店巡りをします。目的もなく新書などを手に取ってはパラパラめくりながら読むのがとても息抜きになり、自分の好きな時間です。。

 

投資を本格的に始めてからは、投資関連に関する書籍を読むことが増えました。

 

立ち読みの時間で読みきれない本は購入して、家やお風呂の時間に読んだりします。

 

購入する本は、投資家なら一度は目を通すであろう、【敗者のゲーム】や【株式投資の未来】やバフェットに関連する書籍が多いです。

 

ふと思ったのですが、購入する書籍のほとんどは海外の有名な投資家の本で恐らく運用額や資産額も桁外れの方のプロの投資家の方たちばかりです。

 

考え方や独自の理論等は勉強にはなりますが、そもそも生きている世界が違う人達の書いていることは、共感という意味において乏しいと感じています。

 

価値観も私のような一般サラリーマンと違うでしょうし、富裕層と庶民では資産運用面でみている世界感が違うと思うのです。

 

しかし新書に行けば、ブログから発展して書籍を出されている、恐らくですが普通の一般的な方がたくさん出版されていて、思わず手に取って読んでしまう本もあります。

 

それらの本はとてもキャッチーなタイトルが多いです。

例えば【誰でも資産1億円以上】とか【楽に】とか【寝ているだけ】など書店で平積みされていればつい手にとりたくなるようなタイトルばかりです。

 

たいていは立ち読みで済ますのですが、今回冒頭で紹介する本は限りなく自分の境遇に近い方(正確には近かった方)が書いておられる本で思わず購入しました。

 

バフェット本等では決して学べない、庶民目線、サラリーマン目線で書かれている為、とても共感できました。

 

末永く参考にしていきたい内容が多く書かれていました。

 

 

 

共感できたところ↓

・サラリーマン時代に何となくから投資を始められている。

⇒私も20代のころ少額で何となくネット証券を開設して、数銘柄購入してみています。

 

・始めたのが39歳ころ。

⇒私も本格運用は39歳の頃から始め、備忘録と家族が興味をもってくれるようにとの願いを込めて当ブログを始めました。

 

・家族があり、教育資金が必要なお子さんがいる。

⇒私も現在同様の家族構成で、ジュニアNISAでインディック投資信託をメインで運用している。

・インディックス投資のバイ&ホールドを推奨されている。

⇒私は全体の7割程度をインディックス運用している。(すこし方針変えるかもですが)

 

・投資の事については、リアルな人間関係では言わない。

⇒全く同感です。家族は興味すらありません。お金が増えるのなら任せると言ってもらってるので、自ら学びながら家族名義を含めて運用しています。(苦ではないんですけど)。

あと会社の人たちにはまず喋ることはないです。

職場の人間関係は悪くないのですが、複雑な利害関係なので個人のお金に関することは言わない方がベターと思ってますし、言いたくないです。

この感覚はとある投資雑誌のアンケート結果にも同じような事が載ってました。

投資ブロガーの10人中ほとんどのコメントが友人や職場の関係者には話さない方が良いのとのアンケート結果でした。

 

 

学べたところ↓

・長期投資にはリバランスが重要。

⇒米国株と日本株、個別株とインディックス、長期運用と短期運用の枠で割合を決めて私は運用しているのですが、リバランスは全く考えになかったです。

本格運用を始めて1年もたっていないので今後役に立つ考え方だと思いますので勉強していきます。

 

 

・投資は孤独な世界なので、お金を話せる仲間が必要。

⇒現時点私にはお金を話せる仲間やコミュニティーがありません。

このブログを通じて、同じ境遇の方の意見や考え方を共有していければと思ってます。

 

また、実際の会合などのイベントが各地で開催されているようなので、情報をチェックして参加したいと思います。

 

しかし、主な開催場所は東京や大阪の主要都市が中心で広島では見かけませんね(泣)。

 

遠方になりますが、なんとか時間とお金をやりくりして色んな人達の話を実際に聞いてみたいです。

 

 

・アーリーリタイヤについて、実体験を書かれている。

⇒私は現時点アーリーリタイヤを希望はしてませんが、今後の選択肢として現実的に考えられるようにはなりたいとは思ってます。

 

著者の方は、決してリタイヤを推奨してません。

 

しかし、ご自身の境遇や価値観などを赤裸々に紹介されているので勉強になります。

 

 

 

サラリーマンが金融リテラシーを身に着けることはとても大切なことと思います。

少額でも実際に運用してみることです。

本を読むだけとか仮想の投資ゲーム等では決して身につかないと思います。

 

身銭を切ってリアルにリスクをとることで分かってくる世界です。

 

庶民目線、サラリーマン目線の実体験を通じて書かれているのでとても勉強になりました。

 

人生の先輩としてもしもこれからご縁があれば直にお話を聞いてみたいです。



-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

敗者のゲームは長期投資を行う人は一度は読むべき本

長期投資を行う方には一度は読んでもらいたい本です。 主に米国株を中心に過去の歴史から未来を考え、長期投資がいかに重要で 市場の予測が困難で、市場平均を買うべきだ(インデックス型の投資信託)との趣旨が主 …

バフェットの銘柄選定術は、実践的な本だがなかなか頭に入ってこない。。

私は企業のサラリーマンです。   職場は自宅から約20Km位離れています、主だった通勤手段はJRです。   ドアツードアで、約80~90分位かかります。もう10年以上も続けています …

備忘録ブログだけど、やっぱり多くの人に立ち寄ってもらいたい。

ブログを書き始めて1年近くたとうとしてます。   楽天ブログで備忘録目的で書いてましたが、他のブログやSNSを通じた交流がおもしろく、より自由度の高い独自ドメインを取得しワードプレスに変更し …

【読書】考えたら負け

GW連休は家族連れで楽しむ姿をよく見かけます。我が家も普段では行かない遠距離にあるイオンモールに行きました   家族で出かけはしますが、私はもっぱら運転役。 イオンモール等に足を運んでも車移 …

マーティ・マクフライが私のヒーロー。米国への投資方針は揺るぎないものに。

ひふみ投信で有名なファンドマネージャー藤野さんが書かれた本の中に印象的な事が書いてあったのでブログに残しておきたいとと思います。   中身の大半は専門的なことはあんまり書かれていないのでとて …

グーグルアドセンス


広島在住の機械系エンジニアです。
日本3割と米国7割を目安に個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930