読書

じょうぶな頭とかしこい体になるために

投稿日:2018-06-30 更新日:

今回紹介したい本は、投資に直接関する本ではありません。

 

題名の通りじょうぶな頭とはなにかということが、子供向けにかかれています。

 

投資とは直接関係ありませんが、世の中で言われている事を深く考え、
2次的な思考を持つという意味においては、投資にとても役立つ考え方が書かれていると感じたので紹介したいと思います。

 

以下抜粋です

大人の言うことは素直に聞いて、決められたことはきちんと守り、出された問題にはうまく答え、与えられた仕事はだまってやる。
決してさぼったり、ごまかしたりはしない。これが(かしこい頭とじょうぶな体)の良い子です。
言われた意味を確かめ、決められたことの内容を考え、必要があれば問題に取り組み、自分の為に楽しい仕事を探し出し、やりたいときはやるし、さぼりたいときはすぐサボる。これがじょうぶな頭とかしこい体です。。

 

株式投資に必要なのは、間違いなくこの本で書かれている、【丈夫な頭とかしこい体】です。

 

子供目線での世の中の疑問や、漠然とした悩みなどが書かれていて筆者が考えるじょうぶな頭でその疑問や悩みに答えています。

 

質問内容のほとんどが今でも記憶にあります。

 

久しぶりに読みましたが幸せになるヒントが満載です。

 

世間で言われている事を決して鵜呑みにせず自分の頭で考えて行動に移す。

とても大事なことです。

 

私はこの本に中学生位(’91年頃)に出会いました。

 

読書好きの母親が自分の為に買ったのか子供の為に買ったのかは分かりませんが、家においてあった本を何気に読んでとても面白かった記憶が残ってます。

 

この本を買ってくれていた母には感謝です。

 

ちなみに蛇足ですが

株と保険・貯蓄の記事あり出版当時(1990年)の年利利率が記載されていたので抜粋します。

なんと、郵貯の1年定期年利率が6%代。。。

驚きです。

 

この時代に株なんかせずに、貯金で十分資産運用が出来ていたのだとわかります。

 

バブル前後の時期なので、その当時に株投資していた人は、現時点でもマイナス運用です。

 

この時期の働き世代が今の60代以上なので、株式投資に消極的な人が大半な理由が分かる気がします。

 

 



-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

太陽の塔誕生に思いを馳せる。べらぼーなものこそ株式投資の醍醐味。

  とある素敵な方との何気ない会話の中で、太陽の塔の話題になりました。   てっきり大阪にある万博公園を散策してついでに太陽の塔を観たんだなと思ってたらそうでなはなく、なんと今年の …

【読書】考えたら負け

GW連休は家族連れで楽しむ姿をよく見かけます。我が家も普段では行かない遠距離にあるイオンモールに行きました   家族で出かけはしますが、私はもっぱら運転役。 イオンモール等に足を運んでも車移 …

【東芝の悲劇】家電製品は信頼できるけど株は買わないと思う。。

  2017年に東芝の巨額損失が経済ニュースを騒がしてした時期に、ちょうどだされていたので、合間の時間をみて読んでました。   内容としては、決して許されることができない企業の業績 …

マーティ・マクフライが私のヒーロー。米国への投資方針は揺るぎないものに。

ひふみ投信で有名なファンドマネージャー藤野さんが書かれた本の中に印象的な事が書いてあったのでブログに残しておきたいとと思います。   中身の大半は専門的なことはあんまり書かれていないのでとて …

米国株会社四季報

米国株の取引を始めてから半年以上たちました。   米国企業の情報はもっぱらネットやブログを参考に勉強しています。   米国株式投資関連のブログから、米国版の四季報があるのだと知りま …

グーグルアドセンス


広島在住の機械系エンジニアです。
日本3割と米国7割を目安に個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930