NISA

つみたてNISAポートフォリオ公開(6月度)

投稿日:2018-06-19 更新日:

つみたてNISA(6月度)分を公開します。

 

2口座分をまとめての公開です。

 

今年1月よりスタートして約半年が経過しました。

 

ポートフォリオは1月から全く変更していません。

 

メインは楽天全米(VTI)にして、サブでS&P500インディックスにして日本向けインディックスを残りの1~2割程度で構成してます。

 

全ての銘柄でプラスとなってますが、4月頃まではずっとマイナス運用でした。

 

しかし、毎日投信で設定している為、マイナス曲面ではとても心強かったです。

 

少しずつでも平均取得単価が下がっていくので、いずれくるプラス局面に有利に働くからです。

 

SBIの毎日投信の設定内訳は

 

一日あたり1600円程度が毎日自動的に投資されよう設定してます。

 

1年間でトータル40万の投資枠がほぼ埋まるペースです。

 

 

市場全体が落ち込んでいる時期は、毎日投信がとても心強く精神的に楽にさせるシステムだと思います。

 

来年はつみたてNISAにするか通常NISAにするか迷ってます。

 

つみたてNISAの良いところは、一度設定しまえば、一年間なにもすることはなく完全にほったらかしにできるところです。

 

もちろん途中で積み立てをやめたり、投資配分やタイミングをいつで何回でも自由にできるところも良い点だと思います。

 

またイデコと違い、いつでも解約可能な点も資産運用の自由度が担保されてメリットだと思います。

しかし、選べる商品が各証券会社が指定する投資信託しか買えないので、商品選びの自由度は無いです。

しかし、長期運用に適した商品が厳選されていると考えればとても良心的な制度だと思います。

 

個人的には

つみたてNISA>貯蓄

ではないかと思います。

 

これは若い世代になればなるほど、つみたてNISAの恩恵が受けれますので20代30代で貯蓄している方には、投資を考えるとても良いチャンスだと思います。

 

投資なので元本保証はないのですが、好きなタイミングで解約できるところが投資へのハードルを限りなく下げてると思います。

 

通常NISAは投資枠が120万とつみたてNISAの3倍あります。

しかも、米国個別株も対象なので、とても魅力的です。

 

非課税期間は5年で、つみたてNISA20年の4分の1の期間です。

 

来年まであと半年あるので、つみたてNISAか通常NISAにするかについてはじっくり検討したいと思います。

ただし

株式市場がどんな局面でも、貯蓄の選択肢はないでしょう。

 

 

 

 

 



-NISA

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

つみたてNISAポートフォリオ公開(8月度)

積み立てNISA8月度分の公開です。(2口座分です) 先月7月はアップできなかったので2か月ぶりの公開です。   積み立てのNISAの9割は米国の投資信託で占めてます。   6月か …

つみたてNISAポートフォリオ公開(9月度)

積み立てNISA実績の公開です。(9月度) 2口座分の公開になります。 先月の公開に比べて大きくプラスに戻しました。 代表的な米国株指数のダウを見てみると8月が今月に比べて5%程度程落ち込んでいるのが …

ジュニアNISAポートフォリオ公開。5月度分(投資信託編)

ジュニアNISA5月分の投資信託編です。   先月以降の成績はNISAカテゴリーから閲覧できます。 前回の公開が3月でしたのでちょうど2か月ぶりの公開になりました。 2か月の間でドルコスト平 …

ジュニアNISAの一部を売却

ジュニアNISAで保有していた、投資信託の一部を売却しました。 商品は米国高配当株式 他の投資信託と比較して、どうしても伸びがいまいちなところと、商品自体の純資産額が20億程度で米国向けの投資信託の中 …

コロナショックでも淡々と。ジュニアNISAでドルコスト平均法作戦(3回目)

ジュニアNISA枠をドルコスト平均法で積み立て投資。2回目です。 コロナショックで世界の株式市場がかなり不安定です。 ジュニアNISAで全世界株式をドルコスト平均で買い付けしてますが、3月分の買い付け …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2018年6月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930