投資方針

米国会社四季報 2022

投稿日:

5冊目の四季報購入です。

2017年に本格的に米国投資を始めて5年が経過しようとしてます。

基本的に長期保有を前提とした投資方針は間違いではなかったですね。

5年前に購入した銘柄は当然今でも保有してますし、今後も保有していくつもりです。

去年は証券口座自体をほとんど開かなくなりほとんどほったらかしでした。

それでも全体のマイポートフォリオは右肩あがりでした。

残念ながらコロナ禍で心配になり唯一売却してしまったコストコ銘柄には悔いが残ります。

コフトコはコロナ禍でも急成長し売却下着時期のほぼ倍の株価まで成長ひてますね。

こうゆう結果的に間違ってしまった投資判断は悔やまれます。

我慢強く持ち続けることが大事でしたね。

コロナ禍を過ぎても、マイポートフォリオでマイナス担った個別銘柄はありません。

しかし、スタバやディズニー株はコロナ渦後大きく落ち込み反動すらなく下がり続けていますね。

今年以降はほぼ間違いなくインバウンドは回復し観光産業が活気付いきます。

スタバやディズニー両方は外出産業に強い銘柄。

この下り基調は追加投資のチャンスだと考えています。

個別銘柄の投資は難しいです。だから全体ボートフォリの8割近くはインディクス投資で残りを個別銘柄で運用しているのが私の投資スタイル。

5冊目になった会社四季報で事実をしっかり捉えつつ投資企業の明るい未来を想像しながら今後も投資生活を続けていきます。



-投資方針

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

信用取引の怖さ。

日本株式があまりにリターンが良くないので信用取引についての可能性を考えています。   私が考える信用取引の大きな特徴は、レバレッジと空売りだと思います。   レバレッジは現金や株を …

【セミナー参加】リアル・マーケット・アナライズin広島

7月の上旬はなぜか、投資セミナー関係のイベントが多いです。   この日は大阪でも楽天証券主催のサービス開始20周年記念と銘打って、イベントが開催されいました。   この大阪のセミナ …

現物資産の金、上場投資信託の金、鉱業会社としての金。GOLDについて3つの運用方針

ウエルスナビを徐々に解約して手数料の少ない投資先を考えています。   今週のバロンズ拾い読みに金現物と金銘柄は割安で投資に値するとの記事に目が留まりました。 ※バロンズ拾い読みから引用 現時 …

確定拠出年金のスイッチングをドルコスト平均法で行う。(8回目)

毎月給料日前後を目安に確定拠出年金の比率見直しを行っています。 今回が8回目の見直しです。 過去の見直しはこちらから。 国内債券の比率が10%台になり、他の債券比率と合わせても15%以内に収まりました …

一生に一度の大バーゲン。

世界の著名投資家は株式の買い増しを行ってますね。 ブルームバーグの記事では 現在の危機が正しく制御されるなら、一生に1度あるかどうかの大バーゲン とアクティビストのアックマンさんは新型コロナ感染拡大に …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2022年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930