投資方針

信用取引ってどうなん?

投稿日:2019-03-16 更新日:

日本と米国両方へ投資しているので、日本市場と米国市場を比べてしまいます。

 

日経平均とNYダウ平均をほぼ毎日チェックしていますが、明らかに米国市場の方がパフォーマンスに優れています。

 

過去4か月の日米市場の平均値をみても明らかです。

 

 

米国株やETF、投資信託はいまのところ順調にプラス圏を飛行してますが、日本株はTOPIXや個別株を含めマイナス圏を1年以上飛行している銘柄が多くあります。

基本的に損切をしない方針なので、ずっと塩漬け状態のままが続いて手をこまねいています。

 

そんな悩ましい状態の日本株ですが、何か有効な手段が無いかと信用取引の手段について考えていました。

 

信用取引の特徴はいわゆる空売り(売建)ができることです。

 

売建は保証金を担保に証券会社から売付け株券を借りてその株を売ることで差額の利益をだします。

 

株価の高い時期に証券会社から借りた株を売って、株価が下がった時に買い戻して証券会社に返済してその差額で儲けるものです。

 

基本的には株式投資は株を安い時に購入して高くなった時に売却するのが基本です。

空売りはその逆のパターンで利益をえるのですから、今後上昇期待がもてる米国市場よりもうねりが激しい日本市場の方が空売りを行うのは有利かなと思います。

 

しかし通常の株式投資と空売りでは決定的に異なることがあります。

 

それは空売りは金利や手数料がかかるということです。

 

信用取引は証券会社から株や現金を担保に買付用の現金や売り付け用の株を借りることなので基本的になにかを借りているので手数料が継続的に発生します。

なので長期の取引はどうしても金利面で負担が多く短期売買が前提になってきるのではと考えています。

 

決してコア投資にはならないですが、経験としてやってみるのはありかなと思いますね。

 

いかんせん信用取引の知識にあまりにも乏しいのでしっかり勉強したあと、火傷を負わない程度にチャレンジしてもいいのでは考えてます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
広島ブログ

 

 

 



-投資方針

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

運用は次世代へ残す位のほうがちょうどよい。

資産運用の極意は一生も持ち続けることと言われたリしますが、その通りだとかんがえています。   次世代(子どもや孫)へ残す位の方針での運用が適切でちょうどよいものなのではないかと思います。 & …

3Mは100年以上続く,じみーで手堅い企業

ウエルスナビや楽ラップのロボアドバイザーの解約方針から個別銘柄のスイッチング先を検討してます。   個別銘柄は米国か日本でもどちらかにこだわらずに考えています。   そんななか毎週 …

仮想通貨に本質的価値無し。ゲームセンターのメダルの方がましかも。

仮想通貨の代表格であるビットコインの値下げが止まらないそうです。 今月にはいって最高値の六分の一になっています。   改めて思うことは、仮想通貨は株式投資とは異質なものです。 通貨そのものに …

投資方針は米国株7割日本株3割で運用中。

2005年より、前職で勤めていた会社の株を応援する意味で買ってました。   ライブドアショック前後の時期で株=ギャンブルみたいな感覚で保有していました。   その後リーマンショック …

売買取引の約80%はAI。 短気トレードには勝てっこない。

今年も残すところ残り一日となりました。 投資をしている人にとっては、どの分野でもプラスで終えた方はまれなのではないでしょうか。   平均株価は特に今月、下げ幅や上げ幅が戦後何番目を記録したと …

グーグルアドセンス


広島在住の機械系エンジニアです。
日本3割と米国7割を目安に個別株・ETF・投信信託をMIXして長期運用しています。


2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031