読書

閨閥 けいばつ

投稿日:

マスコミを支配しようとした男

すでにこの本は販売中止になってます。

ヤフオクやメルカリで定価552円の本が数万円で取引されてます。

その中身は、フジテレビを初めとしたフジサンケイグループの創業後の支配権争いの話。

フィクションとしながらもフジテレビ系以外の人物や団体は実在する名前を使用していており明らかにそれと連想できるる内容となってます。

新聞、ラジオ、テレビの社長に就任しマスコミ三冠王となった実業家の鹿野信元

実在の人物は鹿内信隆。

マスコミグループの頂点に立ち、その座を長男に譲り、そして娘婿へ世襲し独裁体制を確立させていきます。

娘婿が独裁を敷いている時代に社内クーデターが起こり周落していきます。

社内クーデターを促したのが鹿野信元の妻という関係、そしてクーデターされたのは信元の娘婿という構図が本のタイトル閨閥と繋がっています。

権力が大きければ大きいほど依存して執着してしまうものなんでしょう。

社内クーデターで完全に失脚した信元の娘婿は虎視眈々と逆襲へのチャンスを伺っていました、そのチャンスが日本放送株の買収構想。その手助けをしたのが村上ファンドで後にインサイダー取引だとして逮捕される村上ファンド事件に繋がっていきます。

一連の騒動がフィクションという形で読める一冊はとても貴重です。

読みたくても流通してない本だし、メルカリで高額で買うのはバカらしいので、市立図書館で貸し出し予約して三ヶ月待ってにようやく読むことができました。

地元図書館でも貸し出し予約待ち多数の人気本、ましてや販売中止だと益々読書意欲にかられてしまいます。

ホリエモンがYouTubeで紹介したことで人気に拍車がかかってますね。

フジサンケイグループのの創業から繁栄まで、決して面に出ることない権力闘争の内容が読める本は一読の価値ありです。

株式投資目線からもマスコミ株には手出しは禁物かなと思いましたね。



-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

バフェットの銘柄選定術は、実践的な本だがなかなか頭に入ってこない。。

私は企業のサラリーマンです。   職場は自宅から約20Km位離れています、主だった通勤手段はJRです。   ドアツードアで、約80~90分位かかります。もう10年以上も続けています …

米国会社四季報2021

今年も購入しました。 米国会社四季報2021。 通年春夏と秋冬で2回発行される米国会社四季報です。 私は春夏版を毎年購入しています。かれこれ今回で4冊目です。 この手の本は、紙媒体に限るなと感じます。 …

君たちはどう生きるか。とりあえず行動してからでもなにも問題ないんじゃないかな。

80年前の小説が元になった漫画を読みました。     原作自体は読んだことないですが、漫画と文章が半分半分で構成されていて、全部が漫画で表現していないところが特徴的な一冊でした。 …

ヤマダ電機から優待券。株売却したので

ヤマダ電機から優待券が届きました。 株の保有期間は1年以上保有していたので、通常4枚のところ1枚追加されて500円分の優待券が合計5枚の2500円相当が送られてきました。 ヤマダの優待券は今回が最後に …

【読書】サラリーマンは300万円で会社を買いなさい。 日本M&Aセンター【2127】をS株購入

休日に時間がある時にはよく本屋に立ち寄ります。 気になった本があれば大体は立ち読みで済ませますが、今回表題の本は立ち読みでもよかったのですが、本屋併設のカフェでTOEICの勉強をしたかったので、通勤時 …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2022年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930