投資方針 読書

アルツハイマー征服。これからはバイオやゲノムが投資対象で熱いかも。

投稿日:2021-02-14 更新日:

今年発売されたばかりの本がタイトル名です。Kindleで夜な夜な寝る前に読んでます。

専門用語は多いですが内容自体はまるで小説を読んでいるかのような構成で書かれているので比較的読みやすいです。

1980年代90年代のアルツハイマー研究に携わった実際の出来事を元に描かれていて、人間ドラマの要素も入ってて面白いです。

去年にアルツハイマー治療薬が臨床段階に入っていることが報道されていますので、治療可能な日が訪れるまで時間の問題だと思います。

アルツハイマー患者には、脳内にシミのような物質(アミロイドβ)が溜まり脳細胞を死滅させて起こる事が原因で、治療薬は原因物質を抑制させる効果があるとされています。

アルツハイマーの原因研究が盛んな頃から30年以上経ってやっと治療薬が世の中に登場しようとしてます。今後はこの時間軸は飛躍的に改善するでしょう。

その大きな要因はIT技術の発展と膨大な情報が短時間で処理出来、深層学習(AI)技術がめざましく発展した点にあります。

この成長の恩恵で医療技術は20世紀の時代とは比べ物にならないくらい発展すると思います。

今日の米国株の発展を主に牽引しているのはIT関連のハイテク株。今後はバイオ技術、ゲノム編集に強い企業がリードしていくと予想します。

人は誰しも心身共に健康で豊かに生きたいと思っているとすれば、バイオ技術株が今後成長しないはずはないでしょう。

新薬開発はこれまで以上に早くなり、その結果人類の平均寿命が伸びていきます。

今後はバイオ技術関連銘柄が熱いでしょうね、今からIT関連株を一生懸命探しても掘り出し物は見つかりにくいと思います。

新薬開発やバイオ関連の銘柄は、米国、日本で区別することなく、面白そう銘柄を探してみたいですね。

今年は特にバイオ、ゲノム関連の情報に注力していきます。

それは不老不死が現実の物になりつつあり、お金をかければそれが叶えられつつある時代に入ったとも言えます。

このアルツハイマー征服の本は、不老不死が投資対象として現実的なものとなり、ビジネスとして成り立ちうるサインです。

バイオ、ゲノム関連銘柄は今年最も注力して探していきたい株です。

投資目線じゃななくても、十分に面白い本です。アルツハイマーは、昭和の時代であれば泣き寝入りするしかできなかった末恐ろしい病。しかし今は改善可能な治療薬があり、いずれは征服可能な病になっていくことが理解できる本でした。



-投資方針, 読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私はトラリーマンよりかはネコリーマン

3連休の最後は書店をうろついていました。 ひふみプラス代表の藤野さんが新しい書籍を出版していたので気になってパラパラと読みふけってました。     この本は、ホリエモンさんのメルマ …

コカ・コーラに追加投資

昨日日本株を売った資金で早速米国株の追加投資を行いました。 年4回の配当で、永続企業間違いなしのコカ・コーラです。 かこ40年以上を見渡してもコカ・コーラでこんなに下げたタイミングはなさそうです。 ま …

ヤマダ電機の株主優待はもやはお得ではない

ヤマダ電機で株主優待を利用して買い物しました。 久しぶりに広島市内の一等地にあるヤマダ店舗による機会がありついでに日用品の買い物を済ませました。 買った商品は乾電池。自転車用のライトで結構使用する為、 …

金セミナーは大盛況。でも円も信用があって強い。金投資は別段今は必要ないかも。

今週末の金曜日に、広島の某ホテルにて地元の地金商が主催する金の投資セミナーなるものが開催されてましたので、事前申し込みをして参加しました。   広島は中四国の中では一番の都市部ですが、投資関 …

将来の景気後退の兆候?逆イールドだからと言って景気が後退するかなんて分からない。

昨年末から、今年にかけて長期金利の利回りが短期金利のそれを下回る逆イールドなる現象が起きていて近いうちに景気後退するのでは?とメディア等で報道されています。   金利は長く貸せば貸すほど金利 …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728