不動産 日本株

ロケットベンチャーに不動産投資。

投稿日:

日本の数少ない成長産業であるロケット分野について、その一躍を担うであろう企業に投資しました。

北海道大樹町にある、ロケットベンチャー企業のインターステラテクノロジーズです。

投資の形態は、同会社が新設する溶接工場の大家さんの1人になるという不動産型の投資。

大気圏を突入する為には、とても制度の高い溶接技術が要求され、安価なロケット制作を目標にするためには、自前で溶接する方が品質、コスト、納期面て1番合理的な判断だったのでしょう。

その為には、自前の溶接組立工場が必要。その施設に不動産投資ですることで共同オーナーと言う立場となります。

不動産投資で利回りを得ながらも、ロケットに投資した気持ちになれるのが良い仕組みだと思います。

利回り5%代自体は、上場株で購入可能なリート株の分配金と比べて大差はありません。

加えて、今回の利回りくんと、上場株でリートを購入するのとはリスクも大きく違うんです。

株式投資のリートは有限責任タイプ。出資額以上の金額を負うことはありません。

一方今回の不動産投資型クラウドファンディングは無限責任を負うタイプ。出資額以上の責任が発生します。

この辺りのリスクも検討した上で投資を決断しました。

投資額は10万円。年間利回りは約5千円の投資となります。

ロケット会社に上場企業として直接投資できる会社は日米見渡してもほとんどありません。

アマゾンやテスラが出資しているロケットベンチャーのブルーオリジンやスペースxには直接投資することは出来ません。

日本でもそれは同じ。なので今回の投資案件を通じてでも、宇宙開発事業に関わって少しでも知識を得たい思いがありました。

今後も米国企業が世界をリードしていく構造は変わらないと思いますが、ワンチャン日本企業の成長が望めるのはロケット開発産業関連です。

数少ない日本企業の成長分野の1つ投資し、今回の投資を通じてロケットビジネスの未来を考えて行きたいです。



-不動産, 日本株

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

年末に向けて損だし銘柄を考える。第一の候補はマツダ。

年末までに、今年の譲渡益にかかった税金を相殺させるため、損だし銘柄の選定を行っています。 私の基本方針は損切りしない方針でした。始めて株の購入を経験したのは2005年からでそこからを投資歴とするとかれ …

マツダを人生初の損切り(損だし)。。

本年度も2か月余りになってきました。 来週は、マイナス銘柄を一旦確定させて、本年度の株式の譲渡益と配当にかかった税金を節税します。 早速マツダを人生初の損切り注文しました。   投資を始めて …

イオンより配当金と現金還元。株主総会がオンラインに。

イオンより配当金と優待カード利用による現金還元のお知らせが届きました。   配当金は期末で18円。中間と合わせておおよその利回りは1.7%程度です。 一方の現金還元は消費に対して3%分が現金 …

日本個別株ポートフォリオ(3月度分)

日本株のポートフォリオの3月度です。     先月より大きく下げた銘柄があります。 JUKI【6440】です。   工業用ミシンで世界トップシェアの中型銘柄です。業績はお …

ソニー株を米国株で買うのはアリかも。

今日はあるyoutubeチャンネルが面白すぎて2時間くらい見てました。 バイオハザードのプレイ動画。 お笑い芸人宮迫さんのプレイも加わって楽しさ倍増の動画でした。 バイオハザードシリーズは初版から全部 …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930