読書

ソープランドでボーイをしてました。

投稿日:2021-08-27 更新日:

完全にボーイ目線からの漫画仕立てになってます。https://amzn.to/3zF27z5

戦後、売春防止法まで公に認められていた遊郭。

その遊郭で最も有名な地域といえば、江戸の吉原。

その吉原でやむ無く働く50代男性の物語です。

東日本大震災で職を失い、家族と住宅ローンを抱え、なりふり構わず上京し、ソープランドの下っ端ボーイとして過ごす様が、こと細かく描かれてます。

高額な給与とは引き換えに、過酷な肉体労働と寝る間以外は仕事に拘束される過酷な労働環境。

もちろん労働組合なんかない、ブラック労働そのもの職場です。

しかし、背に腹は変えられない事情で仕事の日々を過ごすオッサンの物語です。

多分この漫画の作者は、実際にボーイを経験してこの漫画を書いたと思われます。

それほどまでに事細かな事情が、細部まで描かれています。

働いて食って寝るだけの日々。休みは月3日。

連休にしようものなら、休みを前借りにするだけ。

50代オッサンのなりふり構わない実直な働きブリが痛々しくも、ちょっぴりカッコ良くも感じられました。

こんな状況にはなりたくはないですが、意地もプライドも捨てて行動していくのは歳を取ればとるほどに難しくなっていくのかもしれません。

なので、ちょっと羨ましくも感じました。こんな事自分には出来ないだろうなと。。

がんじがらめの生活環境なので、ちょっとした自由な行動が、何においても尊く感じられて来るから不思議です。

例えば、同僚との飲みや、家族の待つ実家への帰省。

普段感じることのないちょっした出来事でも、不自由さが増すほど、貴重なものに感じらてきます。

タイトルとは裏腹に、エッチシーンなどは無く、50代オッサンのちょっとした青春ものになっているのは、良い意味で読者を裏切ってくれてました。

人生上を見て頑張るよりも、下を見て頑張れる漫画ですね。

こんな過酷な合宿のような生活は、ちょっとだけなら怖いもの見たさで体験してみたいかな。



-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

米国会社四季報は初心者でもとっつきやすく便利です。

米国会社四季報が大活躍しています。 去年初めて2018年版を購入しました。今年で2冊目です。 秋冬号も発売されていますが私は基本的に一年で一冊更新されたものがあればよいかなと考えてます。 最近は読書も …

マーティ・マクフライが私のヒーロー。米国への投資方針は揺るぎないものに。

ひふみ投信で有名なファンドマネージャー藤野さんが書かれた本の中に印象的な事が書いてあったのでブログに残しておきたいとと思います。   中身の大半は専門的なことはあんまり書かれていないのでとて …

インベスターZから日本の投資の歴史がわかる

投資関連についての本はたくさん出版されています。特に米国関連でいうと大富豪のバフェット関連の本が有名です。   たくさん良いことが書いてあるとはおもいますが、私は信者にはならないように気を付 …

夏目アラタの結婚

とにかく薄気味悪い主人公というのが印象的な漫画です。 複数の男をバラバラ殺害した容疑で死刑囚となっている女の子、品川真珠が主人公。 この主人公があるきっかけで獄中結婚します。 その相手は、品川真珠に殺 …

株式投資の未来は明るい。過度な悲観論者の餌食にならないように 。

株式投資の未来という本を昨年末に購入し約4か月の時間をかけて読んでました。   株式投資を始められる方にはとてもお勧めしたいです。   基本的に経済社会は右肩上がりです。10年~2 …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031