NISA

積み立てNISA実績の公開(8月度)

投稿日:

前回公開したのが、1月でしたので半年ぶり以上経ちます。

全て米国系株式の投資信託ですので、その上昇率は半端ないです。

今年の前半は、コロナショックの反動で右肩上がりでしたので。

今回公開したSBI口座の他にも、楽天証券でも積立Nisaを保有し、現在はそちらがメインになっています。

年間の投資金額は決まってますが、証券口座を変更することは可能です。

やや面倒な手続きが必要でしたが、積立Nisaが始まった翌年から口座をSBIから楽天に変更しました。

その1番の理由は、クレジットカード引き落としが楽天カードで可能だったからです。

毎月の自動引き落としで設定しておけば、何も意識するのことなく積立出来てます。

かれこれ楽天証券の積立NISA口座作って3年が経ちます。

楽天口座も全て米国系の投資信託をチョイスしてます。

今後も積立Nisaは米国主体のインディックスを自動で積立投資していく方針に変わりなく、今のところ手間が一番かからないベストな投資方法だと考えています。

いつどうなるか誰にも分かりませんが、今考えうる最大限の事をやりつつ、経済社会を泳いければと思います。



-NISA

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新元号 令和 発表日にジュニアNISA買い付け。ドルコスト平均法(3回目)

4月1日はエイプリルフールもありますが、今年は新元号 令和(れいわ)の発表日でした。   日経平均も新元号ご祝儀相場なんて報道されて前日比でプラス300円と好調のようでしたね。 個人投資家の …

ジュニアNISAポートフォリオ公開。2月度分(日本株式編)

ジュニアNISAポートフォリオ日本株式編の公開です   過去の成績はこちらから。   前回公開したのが12月下旬のクリスマスショック後でしたので、そこからは幾分持ち直しています。 …

2020ジュニアNISAの買い付けはドルコスト平均法作戦で。(2回目)

ジュニアNISA枠をドルコスト平均法で積み立て投資。2回目です。 先月に引き続き、投資商品は 今年のファンドオブザイヤー大賞に輝いた商品です。 先月より投資額を増やしました。 パフォーマンスは先月購入 …

ジュニアNISAの買い付けはドルコスト平均法作戦で。(9回目)

今年も残りあとわずかになりました。 年初から始めたジュニアNISAのドルコスト平均も今年は今回の買い付けで最後になります。 一回当たり4万を目途に投資してきましたが、最後は少し控えめの3万にしました。 …

楽天の積み立てNISAはクレジット決済で決まり。

今年のつみたてNISA枠をSBIから楽天へ移管の手続きをしていました。   SBI証券の手続きがとても面倒でしたが、楽天の口座開設は至ってシンプルで早かったです。   お正月の三が …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031