NISA

ジュニアNisaの買い付けはドルコスト平均法で。

投稿日:2020-10-24 更新日:

今月もタイミングを見計らってドルコスト平均法で米国投資信託の買い付けを行いました。

今回も、購入金額は少なめで。

ダウが依然として高値圏に推移してまして、割高なのか割安なのかが判断つきません。

こういう時こそ時間分散で、淡々と投資して行きたいとこです。

私は最近の米国市場はやや割高感を感じており、少なめで投資しました。

いつも同じ額だけ投資していけば良いのかもしれないですが、いつか来るかもしれない調整局面に備えておきたい気持ちが強く、いまのタイミングでは強気な投資が出来ないのが現状。

毎週目を通している、米国誌のバロンズダイジェスト(楽天やSBIで海外投資してると無料で読める)の今週号でも、米国市場にアナリストの50%以上か強気相場だと判断しています。

強気相場の時には慎重に行動するのが、長期投資のかなめ。

今は投資額を抑えつつ、ドルコスト平均でや淡々とやって行きたいと思います。

あと、今回は初めてスマホからの投資を試みてみました。

スマホ専用サイトではなかったものの、何もストレスなし投資出来ましたね。

今回は出先でPC環境がなかったのて、必要に駆られてのスマホ投資でしたが問題ないですね。

スマホひとつあれば、生活のほとんどの事が足りるようになってきました。

スマホがなければ相当困る生活ともいえますが、日に日に便利になっていきますね。

この裏側にあるのが、S&Pに組み込まれている長期投資一流の企業達です。

生活の恩恵もうけつつ、そんな企業に投資しても恩恵を受ける。

長期投資で豊かになる方法論のひとつだと考えています。

 

 



-NISA

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

つみたてNISA(11月度)20年間ほったらかしは、そもそもお金や投資に興味ない人なのかも。

つみたてNISA11月度を公開します。 先月とよりさらに悪化してます。 日米の市場平均と基本的に連動しますので、当たり前と言えば当たり前です。 今年の4月頃の公開とあまりパフォーマンスが変わりません。 …

ジュニアNISAの一部を売却

ジュニアNISAで保有していた、投資信託の一部を売却しました。 商品は米国高配当株式 他の投資信託と比較して、どうしても伸びがいまいちなところと、商品自体の純資産額が20億程度で米国向けの投資信託の中 …

ジュニアNISAの買い付けはドルコスト平均法作戦で。(4月度分)

ジュニアNISA枠をドルコスト平均法で積み立て投資。 4月度分の買い付けになります。 買い付け商品は、オールカントリーではなく先進国株式にしました。 マイナス幅が大きいので少しでも慣らすために先進国株 …

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」から今年のNISA枠を考える

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018の結果がでてました。 私はこの投票に参加し、 楽天VTIとi-FREE S&P500の2本を推しました。 投票の結果一位を受賞した …

世界同時株安を拾いにいきます。第2弾は米国増配株VIG。

株価下落が収まりません。 米国市場、日本市場、そしてベトナム指数も軒並み下落の流れです。   去年末からの株価好調時にある程度利確したり、日本株で上がりそうない株をちょい損切とかして買い付け …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031