雑記

バフェットさんが日本株を取得。(和訳付き)

投稿日:

ちょっと驚くニュースが入ってきました。

バフェットさんが過去1年程度にわたり日本株を購入していたことを公式に発表しています。

投資先は大手商社5社(伊藤忠、丸紅、三菱、三井、住友)。いずれも長期的な保有が目的だ。

割安に見えていたんでしょうか。いずれにしろ日本株と長期的に付き合っていく現れには間違いないようです。

どう考えても日本経済にとってはグッドニュースです。

プレスリリースした和訳を引用してみると。

今日ビジネスを開けることで、バークシャー・ハサウェイの全面子会社(全国賠償社)は、主要な日本の商社の5つで発行済み株式のわずかに5%以上を得たと日本の関東財政局に通知しました。

会社は、伊藤忠、丸紅、三菱、三井と住友です。これらの所蔵品は、およそ12ヵ月間にわたって東京証券取引所で定期購入を通して得られました。

バークシャー・ハサウェイは、長期的に成功している企業と持株を通じた長い歴史があります。

たとえば、32年間コカ・コーラ、29年間アメリカン・エキスプレス、そして20年間ムーディーズです。

バークシャー・ハサウェイの意向は、長期の間その日本の投資を持つことです。

価格に従い、バークシャー・ハサウェイは5つの投資先のどれにおいてでも、最高9.9%まで持ち株を増やす可能性があります。

バフェットは、以下を表明しました。

「私は、バークシャー・ハサウェイの中に我々が投資対象に選んだ5つの日本の会社を組み入れることができてうれしいです。

5つの商社には世界中で多くの合弁事業があり、これらの協力のよって今後も躍進していくでしょう。将来に渡り相互利益の機会があることを願っています。」

引用先:BERKSHIRE HATHAWAY INC. NEWS RELEASE

なにより、長期的な投資目的で付き合っていきたいと表明されているのがとても心強いです。

総合商社への投資なんて考えたことなかったですが、このニュースを機にじっくりと検討してみたいと思います。



-雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

“脱おっさん”で生き残れ!?

帰宅した後のテレビはもっぱらスマホしながしがら流しっぱなしが多いです。 “脱おっさん”というタイトルに惹かれてNHKのクロ現の30分番組をついつい見てしまいました。 サブタイトルは 人生100年時代、 …

米国会社四季報は初心者でもとっつきやすく便利です。

米国会社四季報が大活躍しています。 去年初めて2018年版を購入しました。今年で2冊目です。 秋冬号も発売されていますが私は基本的に一年で一冊更新されたものがあればよいかなと考えてます。 最近は読書も …

プロ野球引退後の希望はサラリーマン?人は潜在的にリスクを嫌うもの。

プロ野球引退後に就きたい職業1位は『一般企業で会社員』   日本野球機構の調査結果の記事をみて少し驚きました。 プロ野球選手は憧れの職業ですが、実際になった人からの目線ではリスクの少ない安定 …

ボーナス時期に我が家に相次ぐふたつの不幸が。。

12月はサラリーマンにとってはボーナス時期でもあります。   今年も、会社から無事支給がありました。   ボーナスを日本語で言えば一時金。   一時金はその名と通り、一時 …

生き方の憧れは加山雄三。でもお金の使い方は真似できない。

今日の夕飯時に何気にテレビで加山雄三さんが出てて、思わず見入ってましたが。   とても80歳とは思えないほど好奇心旺盛でした。一体年齢てなんなんだろうと思わせる程です。   私は小 …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31