投資方針 雑記

一生に一度の大バーゲン。

投稿日:

世界の著名投資家は株式の買い増しを行ってますね。

ブルームバーグの記事では

現在の危機が正しく制御されるなら、一生に1度あるかどうかの大バーゲン

とアクティビストのアックマンさんは新型コロナ感染拡大に歯止めをかける措置が強化されて効果がでれば、株式は急速に反発すると楽観してます。

 

底はもう直ぐなのか通り越したのかは時間が経ってみないと分かりませんが、今のタイミングは統計にみてもかなりレアです。

統計的に2σ~3σ付近だとチンギスハンさんの記事には書かれてます。

確率だと5%以下です。

やはり、買い一辺倒の選択です。

原因がコロナによる社会的混乱なので、原因がシンプルと言えばシンプル。

ウイルスは化学的な問題ですが、騒動が収まるのはあくまで社会的な問題。

人々の感情や政治的な要素が絡み合って、コロナ問題は収束していくのでしょう。

でもその収束タイミングは予測がつきません。

分かっているのは今のタイミングがかなりのレアタイミングだということ。

10年に一度かそれ以上かも。

現金余力で許せる限りの買っていきます。

 

 



-投資方針, 雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

海の日を前に海を満喫

  海の日の祝日の前に、海水浴に出かけました。 広島は瀬戸内海に面してますが、日本海側へも高速道路をり利用すれば気軽に行くことができます。車で約80分の浜田というところで休日らしい一日を過ご …

サラリーマン投資家は潜在的にたくさんいるかも。

少額投資をしていた期間を含めると投資歴は約13年位になります。 サラリーマン生活はもう18年位になります。 株式投資のことで会社の同僚など話したことはありませんし、話題を降られたといても詳しくは答える …

ウエルスナビ好調につき。マイルールに従い出金 。

ウエルスナビが今月に入り好調です。 マイルールの出金目安の3%上回っています。 ウエルスナビは長期運用が目的の資産運用方法ですが、手数料が高く保有金額を落としています。 ウエルスナビ手数料1%で突っ込 …

将来の景気後退の兆候?逆イールドだからと言って景気が後退するかなんて分からない。

昨年末から、今年にかけて長期金利の利回りが短期金利のそれを下回る逆イールドなる現象が起きていて近いうちに景気後退するのでは?とメディア等で報道されています。   金利は長く貸せば貸すほど金利 …

no image

積み立てNISA実績の公開(11月度)

積み立てNISA実績の公開です。 2口座分の公開になります。 先月初旬の公開に比べて更に評価益が増しました。 それもそのはず、連日ニューヨークダウを含めた様々な株式指数が市場最高値を更新しています。 …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031