NISA

感情的な意思決定はしない。淡々とドルコスト平均法作戦で。(7月度分)

投稿日:2020-07-12 更新日:

ジュニアNISA枠をドルコスト平均法で積み立て投資。

先月の同じタイミングで少し控えめの額を積み立て投資しました。

銘柄も楽天証券で積み立てランキングングトップのeMAXIS S&Pをチョイス。

コロナの2番底らしいそこも見えずに、株価は好調な推移を見せています。

ちょっと過剰な相場感かなと考えて、今月は先月の積立額より控え目に積立しました。

今後の相場どうなるかは誰にもわかりません。

なのでドルコスト平均法で淡々と積立を行っていきます。

こうゆうときに私が好きな投資本に書かれているパワーワードは心の支えになります。

投資家も人間であり。他人の人と同様、冷静かつ合理的に分析すれば違った行動になるとわかっていながら、感情的な意思決定をしがちである。そのため一般に投資家は、長期的利益に一番マイナスとなるような相場の上昇をもっとも好み、実は長期的利益につながる相場の下落を最も嫌うのである。

【敗者のゲーム】より

先般のコロナショックは最も喜ぶべき下落だったのですが、なかなか胆力がないことに気づかされましたし、精神的にもつらかったです。

コロナショックが絶好のチャンスだと頭でわかっていても、なかなか行動には移せませんね。

多少の買い増しや新規銘柄を買いはしましたが、それでも理想の3割くらいの売買行動ができたかなって感じです。いまから振り返れば。

 

他者を出し抜いたりなんて、そんな投資行動はしないつもり。ホンマに人生を豊かにする行動なのか最近疑問に思ってます。

でも投資自体は続けていきます。

今後の最適解はやはり、ETFや投資信託メインになっていくのでしょうね。

他を出し抜くのではなく、負けなければ良い。

著書【敗者のゲーム】は敗者にならないことの重要さを、事実から述べている名著です。

敗者にならない一つの方法が、市場そのものをドルコスト平均でコツコツ積み立てることだと私は考えています。

 



-NISA

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジュニアNISAの買い付けはドルコスト平均法作戦で。(7回目)

つい1か月の市場は軟調だったのに6月は右肩上がりの月でした。 G20サミットでは、大きな悪材料なく、米中の貿易抹殺も泥沼方向にならなかった影響もあって市場は上がり続けています。 日本市場も久々に反応し …

つみたてNISAポートフォリオ公開(2月度)

積み立てNISA2月度分の公開です。(2口座分) 前回公開したのが昨年の10月なので約4か月ぶりの公開になります。   10月時点ではプラスを保っていましたがここ4か月間はずっとマイナス運用 …

つみたてNISA(11月度)20年間ほったらかしは、そもそもお金や投資に興味ない人なのかも。

つみたてNISA11月度を公開します。 先月とよりさらに悪化してます。 日米の市場平均と基本的に連動しますので、当たり前と言えば当たり前です。 今年の4月頃の公開とあまりパフォーマンスが変わりません。 …

ジュニアNISAポートフォリオ公開。9月度分(投資信託編)

ジュニアNISAポートフォリオ、投資信託編の公開です。 先月から徐々に下げ幅が大きくなっています。 米国ハイテク株が軒並み下がっているのが原因です。 公開内容は投資信託ではありますが、米国一辺倒のポー …

【VIG】バンガード米国増配株式 ETFを売却してNISAで買い付け

米国優良ETFのバンガード米国増配株式【VIG】を一旦売却しました。 目的は通常NISAへのスイッチングです。 おおよそ60ドル位の評価益が出ていましたので、課税と手数料を考えてもマイナスにはならない …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031