米国株

マクドナルドは自粛中でも好調。なので追加投資。

投稿日:

マクドナルド株に追加投資しました。

 

成り行きで2株程。

1株買っても手数料負けしなくなったので、気軽に投資することができます。

2年位前までは、米国株の最低手数料が1500円以上で、およそ2000円位はかかってました。

しかし、今は100円台。消費税合わせても200円程度なのでほんと身近になりました。

コロナで改めて気づいたのですが、生活やネットサービスインフラのほとんどが米国企業由来のサービスになっていますね。

なので米国株式投資は、生活に寄り身近かだという意味では日本株と同等の意識をもってます。いや日本株以上に身近かも。

上場日本株に手を出すことは米国株よりむしろ難しいとも思ってます。

本日追加投資を決めたマクドナルドは、自粛で外食産業が絶不調の中、前年同月比で売り上げを伸ばしてます

日本国内のマックと米国マックの関係はフランチャイジーとフランチャイザーの関係。

日本のマックはロイヤリティや加盟金を米国マックに払い続けている関係です。

日本のマックが好調だと。ブランドを売っている米国本社が有利な構図が見えてきますね。

 

なので長期投資前提に米国株【MCD】に追加投資しました。

 

でも日本株のマックも底堅い株価でんですよね。

2年前位に投資してたら約2倍になってます。

米国マックも長期的にみれば好調です。

 

ボラティリティは米国の方が少し高め。

コロナショックで急激に落ち込んだ後、半分くらいまで回復している感じです。

長期的にみれば、少しお買い得感がありました。

 

世界中でコロナによる経済自粛は徐々に緩和されていってます。

この経済ショックで、生き残っていく企業とそうでない企業があぶりだされていきます。

 

マクドナルドは間違いなく、経済ショック後も生き残れる企業です。



-米国株

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アップルに追加投資のタイミングは?四半期決算発表間近です。

アップルの四半期決算間近(1月29日予定)になってきました。   米国時価総額トップではなくなったものの米国経済をけん引している企業のひとつであることにには間違いありません。 その決算の動向 …

【VIG】バンガード米国増配株式 ETFを売却してNISAで買い付け

米国優良ETFのバンガード米国増配株式【VIG】を一旦売却しました。 目的は通常NISAへのスイッチングです。 おおよそ60ドル位の評価益が出ていましたので、課税と手数料を考えてもマイナスにはならない …

ジョンソン&ジョンソンへ追加投資。本日(月曜日)からは手数無料。

本日約定分より米国個別株買い付け手数料が無料になりました。   早速昨日の日曜日JNJへ追加投資を仕込んでおきました。 手数料は約定分の0.45%のみです。 最低手数料5ドルが無くなったので …

ナイキに追加投資。

このところ米国株が著しく好調です。 どの個別銘柄も最高値付近にあってて手が出せません。 コストコ【COST】にしてもマクドナルド【MCD】にしろ毎日が市場最高値で推移しています。 インディックスもしか …

米ドルの為替コストがゼロ銭。米国投資がさらに身近に。

今週末にウエルスナビからスイッチング費用として、運用資金の一部を解約しました。   運用益も3%程度ついていたので、まずますのタイミングでした。   目標は7%代での解約でしたが、 …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031