米国株

コロナ新薬に期待。米国新薬会社【REGN】はコロナショック知らず。

投稿日:2020-03-26 更新日:

完全に全世界問題となったコロナウィルス。

収束の一番の特効薬は新薬やワクチンの存在です。

米国新薬会社

リジェネロン・ファーマシューティカルズ【REGN】

は新薬を開発する医薬品企業でコロナ新薬の希望を背負ってます。

それもそのはず、コロナショックでも株価は上昇局面。

2月比でも30%以上の伸びを示してます。

新型コロナ治療薬を求めて 治療薬の開発には3方面からのアプローチがあるそうです。

バロンズの記事によれば

 

第1は、他の日的のために開発された既存の薬を 試して、新型コロナウイルスの患者に有効かを確認する。

第2はワクチンが出回るまで、感染を防ぐ可能性があるヒト抗体を用いる。

第3はこのような抗体を自ら作り出せるようにワクチンの接種。

 

その中でも第2の方法であるマウスを使用していち早く抗体を作ることに関して力強く書かれてました。

 


人体が感染症と戦うシステムの1つは抗体を作り出すこと。

ワクチンを接種して感染に備える方法が好まれるが、マウスを使って抗体を作ることもできる。

遺伝子エ学の成果により、少量のウイルスをマウスに注射すると、マウスがヒト抗体を産生する。

それを大量に製造して患者に投与することができる。

 

リジェネロン社は既に新型コロナウイルスを中和する多くの抗体の特定に成功しているそう。

そして希望の治療薬はいつから使用できるのかの問いにはこう答えています。

その中から最も有力な抗体を選定し、混合抗体を生産する。患者への治験を6月に開始して、夏の終わりまでに大量生産を目指す。

つまり夏ごろには抗体ができウイルスに対処できている可能性が高いです。

この世界的な閉塞感はせいぜい夏までには収まって欲しい。ホント。

リジェネロン社は新薬開発に特化した企業体。

この企業で働く人達はコロナと戦っている戦士のよう。

具体的な投資対象になるとこまでは行かないですが、注目の米国企業です。

 

 



-米国株

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バンガード 米国増配株式ETFをNISA枠へスイッチング検討

2019年も始まり、新たなNISA枠が割り当てられました。   ジュニアNISAを含めて通常のNISAと積立NISAそれぞれ不複数管理しているので投資枠は必然にNISA枠を埋めることから計画 …

決算が軟調だったマクドナルド【MDC】に追加投資

直近の決算で軟調だったマクドナルドに追加投資しました。 株数は最低単位の1株ほど。 買い付け余力から自分なりの無理のない範囲での追加投資です。 1株から追加投資できるのも、買い付け手数料がゼロになった …

iPhone(アイフォーン)でスーパーマリオ!? ワクワクします。

今週のバロンズの拾い読みの記事の中でとても気になる記事がありました。   アップルは任天堂を買収すべし。   といった内容の記事です。 バロンズの拾い読みはウォールストリートジャー …

データは経済の血液。かっこいい生活インフラなんてアイフォンくらい。

昨日の休日はほぼ一日中スマホ契約で一日が潰れました。   昨日の日曜日はとても良い天気で絶好のスキー日和かなぁと思ってたんですが、家族とスマホ契約を約束していたので、駅前のビックカメラに足を …

楽天VTIもチマチマ売却

米国株式市場が市場最高値を更新しています。 以前の高値圏は去年の10月くらいでしたので、約10か月ぶりに株価が持ち直しています。 今後も株価は高値圏を突き進むのか、それとも景気後退期に入るのか、経済情 …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031