投資方針

振り子を意識する。名著を読んで心を落ち着かせよう。

投稿日:2020-03-12 更新日:

米国市場が一時取引停止になってます。

もう、しばらくは静観しておいた方が無難かなとおもいます。

心を落ち着かせるために、投資本の名著

【投資で大切な20の教え】から、いくつかピックアップします。

 


すべてが順調で価格が高騰しているとき、投資家は慎重さを忘れ去り、買いに殺到する。その後、市場が混乱に陥ると資産はバーゲン品となり、投資家はリスクをとる意欲を完全に失って、売りに殺到する。この繰り返しが永遠に続くのだ。

 

まさに今は売りに殺到している真っただ中。

 

証券市場における地合いの動きは、振り子の振動によく似ている。

振り子の軌道の中心点は「平均的な」位置と呼ぶにふさわしいが、実際にその場所に振り子がある時間はほんの一瞬である。

 

いつも良い時は続かないし、悪い時も続かないのです。

 

投資の世界でも、市場は
 ●陶酔感と沈滞感の間を
 ●好材料への歓喜と悪材料に対する強迫観念の間を
 ●そして、過大評価と過小評価の間を
  振り子のように揺れ動いている。
こうした振動は投資の世界に見られるきわめて確かな特徴の一つである。そして、投資家の心理は振り子の「幸せな中心点」よりも、両端に長く位置するように見える。

 

いまは悪材料方向へ突っ走ってる感じ。

振り子を理解するのならば、行き過ぎた相場はいずれ反転します。

この反転を理解できれば今は買いなのですが、なかなか大胆には考えられないのが本音です。

しかし、居心地悪い今の状況をしっかりと受け止めて買いの銘柄を探していきます。

 



-投資方針

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジュニアNISAポートフォリオ公開。3月度分(日本株式編)

ジュニアNISAポートフォリオ日本株式編の3月度の公開です   過去の成績はこちらから。   先月もトータルではマイナスでしたが、今月に入ってもマイナスです。   特にT …

信用取引の怖さ。

日本株式があまりにリターンが良くないので信用取引についての可能性を考えています。   私が考える信用取引の大きな特徴は、レバレッジと空売りだと思います。   レバレッジは現金や株を …

楽天米株信託を5年振り売却

米国市場が好調ですね。 好調な市場を背景に5年振りに売却しました。 初めて楽天VTIを購入したのは5年も前になります。 2017年頃は一部の個人ブロガーを除けば誰も米国インデックスが日本の証券会社で、 …

個別株を企業ロゴでイメージするの、いいかも。

個別株のポートフォリオをロゴで分かり易くしておきます。 ETFやすべてのポートフォリオはこんな感じ。 全体のポートフォリオ公開2020年03月 その中で米国株ポートフォリオはこんな感じ。 そしてベトナ …

no image

積み立てNISA実績の公開(11月度)

積み立てNISA実績の公開です。 2口座分の公開になります。 先月初旬の公開に比べて更に評価益が増しました。 それもそのはず、連日ニューヨークダウを含めた様々な株式指数が市場最高値を更新しています。 …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2020年3月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031