投資方針

TOPIXの内訳の8%は自動車関連株、米国S&Pとは大違い。

投稿日:2019-12-21 更新日:

好調な日米株式市場ですが、中身をみると違いがあります。

 

着目したのが、自動車関連株の比率の差です。

自動車関連株がTOPIXでは8%でトップ3に入っているのに対して

米国はトップ10以下の0.8%程度です。

組みみ入れ比率に日米で業種別に差があります。

以下グラフは日経新聞より引用

日本は製造業中心の時価総額に対して、米国はIT,金融と非製造業が上位を占めています。

この組み入れ比率の差が今後のパフォーマンスに大きく影響することでしょう。

日本の自動車株はトヨタ以外は殆どパットしません。

広島のお膝元のマツダ株なんて、5年以上ずっと右肩下がりです。

この株価に似たような自動車関連株価がTOPIXの多くを占めているのですから、日本株のインディックスとしてはあまり魅力を感じませんね。

一方の米国ではS&P銘柄には入っていないものの、自動車関連株で恐ろしく急伸している企業があります。

 

EVの量産化目前で席巻しそうなテスラです。

 

過去5年の株価から天井を突き抜けました.

日本のエンジン車並みの価格でEVを量産し始めています。

航続距離もエンジン車と遜色ないレベルまで技術進歩してます。

自動運転もテスラ独自のAI技術で、日本のそれとは異なったアプローチで開発がすすんでます。

凄いのは、EV用で使った古いバッテリーを家庭用の電源設備として使う構想があり、既にパワーウォールというシステムで日本に上陸しているんです。

今後のEVは、家庭用電源までのインフラをも網羅していき車の概念が根底から変わりそうです。

こんなお化けみたいな企業が米国にあり、S&Pにすら入っていなんですから米国の

底力を感じずにはいられません。

 

今後の私投資方針としては、少なくともTOPIXや日本のインディックスは売却の方向ですね。

 

日米株共に気味悪いくらいに好調なので、成長性が疑われる日本のインディックスを売るのにはタイミング良いかも。

 

 



-投資方針

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

米国企業情報がタイムリーに分かるアプリ、マジで重宝します。

米国個別株を投資しているメリットは多いですがデメリットもあります。   そのデメリットの一つに企業情報がタイムリーに分からないことが挙げられます。 米国個別株を見ていると、市場変動に対して個 …

運用は次世代へ残す位のほうがちょうどよい。

資産運用の極意は一生も持ち続けることと言われたリしますが、その通りだとかんがえています。   次世代(子どもや孫)へ残す位の方針での運用が適切でちょうどよいものなのではないかと思います。 & …

資本主義は不景気に意味がある。

米国市場は今日も取引停止(サーキットブレイク)の事態になってるようですね。 コロナショックが経済停滞を招いています。 もうこれは不景気の状態に突入してるのかも。 現時点では良く分かりませんが、時が経っ …

コカ・コーラ【KO】へ配当再投資

コカ・コーラ【KO】へ配当再投資しました。 3株程で約1万5千円分ですが、純粋に配当で振り込まれたドルでの再投資です。 証券口座に入金することなく配当金を投資に回すサイクルが、微力ですが出来つつありま …

ヤマダ電機の株主優待はもやはお得ではない

ヤマダ電機で株主優待を利用して買い物しました。 久しぶりに広島市内の一等地にあるヤマダ店舗による機会がありついでに日用品の買い物を済ませました。 買った商品は乾電池。自転車用のライトで結構使用する為、 …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2019年12月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031