投資方針

プライオリティカードはお得なのか?海外旅行前に楽天カードを最上級に変更。

投稿日:

激安ベトナムLCCの旅を夏休みに計画中です。

旅程は飛行機移動を含めて6日間。

行きも帰りも飛行機は深夜便。行きは韓国で24時間トランジット。

この辺が格安の原因で諸々の飛行機代はお盆休みでも4万円台と格安です。

なのでこれを前提に旅程を組んでます。空港滞在の時間が長いと思われこの旅を機会に楽天カードを現状のゴールドカードからプライオリティーカードにグレードアップしました。

楽天カードのサイトや色んなお得サイトを見る限り、海外旅行では楽天のプライオリティカードが最強とされてます。

その一番の要因は、空港ラウンジが使えるプライオリティパスが発行できること。

プライオリティパスの発行には年会費約4万円が必要ですが楽天プライオリティかードであれば年会費1万円で済みます。

この時点でお得だと判断して、ベトナム旅の前にカードをグレードアップしてプライオリティカードも申し込みました。

しかしよくよく調べてみるとそんなにお得とは言えないかもしれません。

今回の行きの旅程は

福岡(深夜)⇒仁川(深夜)⇒24時間トランジット⇒仁川(夜)⇒ホーチミン(深夜)

帰りは

ホーチミン(深夜)⇒仁川(明け方)⇒2時間トランジット⇒仁川(朝)⇒福岡(昼)

という旅程。

この旅程だと空港滞在が深夜になり営業していないラウンジがほとんどだということが分かました。

行きの仁川はラウンジに滞在して空港泊をしてみようと思ってましたがそんな訳には行かないようです。

ネット情報だけではなかなか正確な情報がつかめませんね。

やはり実際に旅を体験してみて、プライオリティパスを取得してよかったのかこの備忘録にしっかりと残しておきます。

あくまで旅を円滑に快適にするためのカードでしょうから、貧乏根性出して、ラウンジ使用メインの行動にならないように旅を楽しむつもりです。

 



-投資方針

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

信用取引の怖さ。

日本株式があまりにリターンが良くないので信用取引についての可能性を考えています。   私が考える信用取引の大きな特徴は、レバレッジと空売りだと思います。   レバレッジは現金や株を …

投資方針は米国株7割日本株3割で運用中。

2005年より、前職で勤めていた会社の株を応援する意味で買ってました。   ライブドアショック前後の時期で株=ギャンブルみたいな感覚で保有していました。   その後リーマンショック …

【セミナー参加】リアル・マーケット・アナライズin広島

7月の上旬はなぜか、投資セミナー関係のイベントが多いです。   この日は大阪でも楽天証券主催のサービス開始20周年記念と銘打って、イベントが開催されいました。   この大阪のセミナ …

世界同時株安を拾いにいきます。第1弾は全世界株に追加投資

新型コロナウィルス懸念で世界同時株安の流れが起きてます。 感染者数や死亡率を見てみると、世界的に蔓延する可能性は低く、暖かくなる時期にはケロっと忘れ去られる可能性の方が高いと考えています。 しかし感情 …

確定拠出年金の運用成績(7月度)

確定拠出年金の運用成績の公開です。 前回公開したのが、およそ2か月前。 確定拠出年金の運用成績(5月度) コロナの影響も限定的になり、株価も比較的に安定しているので、利回りも徐々に回復してきました。 …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2019年8月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031