NISA ポートフォリオ

積み立てNISA実績の公開(2月度)コロナとインフルを比較してみた。

投稿日:

積み立てNISA実績の公開です。

2口座分を毎月1回公開してます。

コロナウイルス問題も本日時点では特に影響なく、先月同時期よりプラスで推移しています。

積立NISAのSBIバンガードは毎日積み立てしているので、仮に下落していけばお得に購入出来、取得単価が慣らされてきます。

そろそろコロナウイルスが発端で米国市場の調整時期がくるのではと感じてます。

テレビのニュースは最近ウイルス問題ばかり、やたら煽り論調が多いです。

様々なイベントが軒並み中止になり、観光もかなりの打撃を受けてますね。

実体経済に影響を及ぼしているウイルス問題は、過度に反応しすぎな傾向にあると私は思います。

 

コロナとインフルの比較を調べてみました。

コロナの感染者の推移をネットベースで見てみると。

・発生元の中国の感染者は7万人位で、増加率は既に減少傾向にあること。

・日本の感染者は80~100人位で、中国比の0.1%程度。今後は拡大期に入るものの絶対数が少ない。

・致死率は中国が2%程度で日本では1名の死亡者がでているので1~2%位。

一方のインフル情報は

・コロナに対して’17~’18年のインフルエンザの感染者数は2230万人。

・’17~’18年インフルが最もの増えた一週間で約250万人で過去最高。

 

新型と言うだけで社会は過度にリスクを取りすげている側面がある気がしてなりません。

どー比較しても現時点コロナウイルスは、たいしたことない結論にしかならないからです。

個別コロナ患者の所在や行動を、メディアが一斉に報道することに有意義さを感じませんし、意味ないことだと思いますね。

株価にも当然影響あるでしょうが、買場のタイミングでしょうね。

 

 

 



-NISA, ポートフォリオ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジュニアNISAの買い付けはドルコスト平均法作戦で。(6回目)

このところの日米市場は軟調です。 原因の一番は日中の貿易摩擦の先行きで政治リスクがぬぐい切れない状況ですが、先行きを誰もが正確に読むことはできません。 今年からジュニアNISA買い付けは月1回でドルコ …

積み立てNISA実績の公開(5月度)。

積み立てNISA実績の公開です。   概ねプラスに転じました。 SBI(S&P500)については毎日積み立てしており、保有口数が毎月微増しています。 コロナショックでも淡々と毎日投資 …

米国株ポートフォリオ(10月度)

10月分のポートフォリオを公開します。 今月は、米国長期金利値上げをきっかけにおおきく下落に転じましたが、今週から持ち直し始めました。 先月からの変更点はビザの買い増しに成功したことです。 いまの所株 …

つみたてNISA ひふみ投信 全解約

つみたてNISA一本化に伴い、年初より買い付けていたひふみ投信を本日全解約しました。   全額といっても一万数千円の評価額でしたので、数百円のプラスでマイナスにはなっていなかったので、損はし …

楽天の積み立てNISAはクレジット決済で決まり。

今年のつみたてNISA枠をSBIから楽天へ移管の手続きをしていました。   SBI証券の手続きがとても面倒でしたが、楽天の口座開設は至ってシンプルで早かったです。   お正月の三が …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829