投資方針

サラリーマン給料ってベーシックインカムに似てるかも。。

投稿日:2019-09-10 更新日:

私はメーカのサラリーマンエンジニアですが、最近稼働率が低い状態が慢性的に続いています。

ようは暇な時間が多いってことです。(私の実感で34割くらいの稼働率がここ23年続いていいる)

日々の業務はチームメンバーに仕事を振っていてそれをメンバーがキチンとこなしていてくれたり、業務の大半がシステム化されたり日々効率化を検討している結果だとは思います。

しかし一方で、業種が自動車関連なので市場自体がEVや自動運転で自動車市場そのものが崩壊されつつるあって仕事そのものが縮小しているのが原因とも考えています。

暇な時間が多くても、一日の8時間は会社に時間拘束されないと基本給はもらえません。

こんな状態が結構日常化しているので個人的にヤキモキしてたのですが、米国株ブロガーのヒロさんが

暇な時間があっても会社から給料もらえるのはベーシックインカム的なものという記事を読んで結構納得感がありました。

http://growrichslowly.net/as-if-i-got-bi/

ベーシックインカム(basic income)とは、国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を定期的に支給するという政策のことを指します。

サラリーマンは時間拘束はされているけども、仕事が無く実質の労働をしていなければ、結果的に会社からベーシックインカムを貰えていることになります。

私が居る業界は確実に市場構造が変化しているので長居はできそうにないと考える反面日本のサラリーマン(正社員)は雇用面でかなり保護されているため、仕事が無い状態でも安易に居続けられて給料がもらえます。
それが常態化し、結果としてベーシックインカムみたいなものになっていると思います。


それが常態化し、結果としてベーシックインカムみたいなものになっていると思います。

今の会社組織の中でこんなヘンテコリンな状態が私だけなら良いのですが、意外とそうでも無くって結構周りも職場も同じような状況です。

明らかに生活残業目的で残っている人もいます。

この状態は決して良い状況ではないですね。

かといって、直ちに退職して投資や複業で食っていける状況でもないです。

なので、今はサラリーマンを最低限持続しながら投資を続けつつ、複業(パラレルワーク)にもシフトするのが現実的かなと考えてます。

複業(パラレルワーク)分野については、少しづつ行動してますので、おいおいブログでも書いていきます。



-投資方針

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

将来の景気後退の兆候?逆イールドだからと言って景気が後退するかなんて分からない。

昨年末から、今年にかけて長期金利の利回りが短期金利のそれを下回る逆イールドなる現象が起きていて近いうちに景気後退するのでは?とメディア等で報道されています。   金利は長く貸せば貸すほど金利 …

30代からの資産運用。その2

もし、10年前の自分に資産運用をアドバイス出来るとしたらどんなことを伝えるでしょうか? 私は現在40代のサラリーマン投資家です。 資産運用の大切や重要性に本当の意味で納得して運用し始めたのは30代も終 …

【セミナー参加】リアル・マーケット・アナライズin広島

7月の上旬はなぜか、投資セミナー関係のイベントが多いです。   この日は大阪でも楽天証券主催のサービス開始20周年記念と銘打って、イベントが開催されいました。   この大阪のセミナ …

投資の出口戦略。その1

投資を続けていると出口戦略という言葉が出てきます。   運用後の使い道という意味ですが、現時点ではっきりとは考えていません。   長期投資なので次世代残すつもりと書いていますが、実 …

30代からの資産運用。仮想通貨はしない方がいいですよ。

資産運用の手段のひとつに仮想通貨がありますが、手を出さない方が良いです。   純粋なお金としての決済手段としてはとても有効だと思いますが、値上がりを期待する資産運用には向いていません。 &n …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2019年9月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30