ベトナム 投資方針 旅の備忘録

ベトナム投資ってどうなん?バックパックで現地旅行を計画中。

投稿日:2019-08-01 更新日:

夏休み一人バックパック旅行の計画を立てています。

行先はベトナムホーチミン。

初の海外一人旅です。

航空券はLCCを予約済で、韓国仁川空港経由でホーチミンまで行く予定。

往復で4万円台でお盆休みとしては破格の値段だと思います。

しかし韓国で24時間のトランジットがあり深夜着だったり仮は早朝着だったりと安いのには理由がありました。

どんな旅になるのかわかりませんが、安さを追求して行先の旅を満喫したいと思ってます。

旅程は特に決めず現地で仕入れた情報でブラブラと見物したいです。

ブラブラはしますが、大事なことはしっかり押さえるつもりです。

ベトナム投資を考えているので現地で有力な企業がどんなものか感じにいくのもこの旅の重要なテーマ。

いまベトナム投資先として考えているは、サイゴンビールとビングループとうい企業。

サイゴンビールはその名の通り元国営の老舗ビールメーカーでベトナムの人口ボーナスを背景に成長している企業です。最近タイ企業がベトナムに出資している会社に買収されており注目度は高いと見ています。

もう一つのビングループは、不動産が主なコングロマリット企業。

 

不動産以外ではバイクや自動車にもビジネスを広げているそうです。

 

ネット情報では限界があるので、なんとか現地で有力な情報が入手できないか試行錯誤をしています。

 

これまで日米株を主に投資先として考えてきました。コアを米国、サテライトを日本と位置付けて活動していきましたが、日本株の投資は徐々に比率を落とさざるを得ません。

米国株に比べ日本株はまったくといっていいほど振るわずメリットがほとんどないです。

100%米国株でも良いんですが、サテライトとして何か考えておきたく新興国株への投資を考え始めたのがベトナムへの興味を駆り立てられたきっかけになります。

 

以前同じ職場にかなりの数のベトナムの方と一緒に仕事したことあるのですが、とてもまじめて勤勉な印象でした。

 

社会主義国ではありますが、経済成長著しく人口ボーナス時期は2040年頃まで継続するとされています。

 

米国以上にワクワクさせる国だと思います。米中貿易摩擦で恩恵を受けている国でもあり経済成長に拍車がかかっているイメージがあります。

 

とにもかくにも現地の雰囲気を味わい、現地の人に話を聞いてみないと投資してみるかどうか分かりません。

夏休み旅を利用し、真意を確かめます。

 にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
広島ブログ

 



-ベトナム, 投資方針, 旅の備忘録

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

旅の備忘録@ホリエモン万博編 その2

ホリエモン万博のトークショーはその名の通り怒涛でした。 30分毎にきっちりに次から次へと登壇者が変わります。 コルクという会社社長の佐渡島さん。 飲食店は薄利多売はブラックになるばかりで、いかにブラン …

TOPIXの内訳の8%は自動車関連株、米国S&Pとは大違い。

好調な日米株式市場ですが、中身をみると違いがあります。   着目したのが、自動車関連株の比率の差です。 自動車関連株がTOPIXでは8%でトップ3に入っているのに対して 米国はトップ10以下 …

楽天ゴールドカードはコスパ良し。

楽天カードのゴールドは旅には便利です。 先週末に広島空港のラウンジを使う機会がありました。 ラウンジは出発ロビーにあるもみじという場所。 手荷物検査後にもありますがanaとJAL専用で楽天ゴールドでは …

耐えれるかな。。

米国市場は今日も下げ方向です。。(滝汗) マイポートフォリオも先月の含み益から一気に含み損へ転落しました。 長期投資とは言え、これだけ急行降下する相場にいたら正気が保てなくなりそうです。 今日の昼頃ま …

米国企業情報がタイムリーに分かるアプリ、マジで重宝します。

米国個別株を投資しているメリットは多いですがデメリットもあります。   そのデメリットの一つに企業情報がタイムリーに分からないことが挙げられます。 米国個別株を見ていると、市場変動に対して個 …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2019年8月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031