NISA 米国株

楽天・全世界株式VTを一部解約。

投稿日:2019-03-15 更新日:

楽天・全世界株式VTを一部を解約しました。

 

目的は特定口座で保有していた投資信託を一部解約してジュニアNISA口座へスイッチングする為です。

 

ジュニアNISA口座は年間80万の投資枠があります。その年に80万の投資枠を使い切れば来年の投資枠まで非課税枠は発生しません。

 

80万以上の運用は現金で保有するよりかは、特定口座でリスク資産として投資信託を買い付けて運用しておいて、新たな非課税枠が発生したときに上手くジュニアNISA口座へスイッチングする目論見運用していました。

 

2017年11月に楽天・全世界株式VTを買い付けて、約1年と4か月が経ちましたどれだけ増えているかというと。。

 

 

まぁプラス1%程度ですね。昨年の一年間は米国市場はほぼ横ばいで推移してましたのでマイナス運用でないだけ御の字かなと思います。

 

仮に現時点でマイナスだとしたら、VTは解約せずにホールドします。

 

増やす運用よりも減らさない運用の方が重要です。私の投資方針のひとつとなっています。

 

理想はせめてプラス5%以上で解約したかったですがうまくいきませんね。

 

本日一部解約の注文を出しました。

解約後はジュニアNISA口座に移して、毎月1回の買い付け資金に回します。

 

今年のジュニアNiSA枠は年間80万の投資枠を月一度の8回に分けるドルコスト平均法作戦で買い付けていきます。

 

スイッチング先の買い付け商品は、

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 

です。

 

業界最安値の信託手数料です。手数料0.1%台は魅力的です。

 

ちなみに楽天VTは0.2%なので手数料で半分になりますね。

 

たかだか0.1%程度の手数料差と感じるかもしれませんが、長期運用すればするほど積み立て額が増えれな増えるほど手数料が効いてきます。

 

長期運用ではランニングコストゼロが理想です。

 

ランニングコストゼロで運用するなら個別株を買い付けるしかありません。

 

米国の個別株は分からないしどれを選んでいいのか分からないのが普通だとおもいます。

ならば、個別株を組み入れてインディックスにしている投資信託を買うのがベターです。

 

米国をメインに先進国を幅広く網羅したインディックスが良いです。

 

インデックスファンドを例えるなら素晴らしい商品(企業)をショップのプロの店員さん(ファンドマネージャー)が選んだ福袋のようなものです。

 

店員さん(ファンドマネージャー)が選ぶので手間賃(信託手数料)がどうしても発生してしまいます。

 

数年前までは2~3%程度の手数料が当たり前でしたがネット証券の普及によりとても手数料が安くなって10分の1以下にまで下がっています。

 

しかも100円から買い付けでき、楽天証券ではポイント買い付けも可能ですしクレジット買い付けも可能(しかもポイント付き)ですね。

 

ネット証券での投資信託は既にとても身近な存在で、投資は特別な行為でもなんでもないと思います。

 

情報は誰にでも手に入る環境です。あとはやるかやらないかだけの問題ですね。

 

未だに投資詐欺のようなもがあるのも、金融リテラシーや学校での教育が皆無だったからなのかもしれません。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
広島ブログ

 

 

 

 



-NISA, 米国株

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

今年のジュニアNISA枠はeMAXIS Slim 先進国株式で決まり。

今年に入り新たにジュニアNISA枠が発生しています。積み立ての上限は年間80万円の5年間、合計で400万迄です。   全ての投資枠は使えそうにないですが、出来るだけこの非課税枠を有効に使って …

ジュニアNISA残り投資枠はテンバガー銘柄でリスクをとっていく。

先週からジュニアNISAの残り枠12万の投資先についてあれこれ悩んでます。   守りのJリートか攻めの米国投資信託か決めかねてましたが、どちらも選択肢から外してさらに攻めの姿勢で行こうかと考 …

コカ・コーラを追加投資。おまけに為替コスト無料期間でお得に買い付け。

コカ・コーラの四半期結果が芳しくなく、先週大きく下げました。   このタイミングでバットを振ります。 今の時期のボールが絶好球なのかは分かりませんが、過去1年間を振り返るとこんなに下げた時期 …

成長著しいVISA【V】を新規購入。

今年初旬頃からの株価下落の波を受け、米国株の新規購入銘柄を模索していました。   その中でVISAが有力と判断し、購入を決意したのが約一週間前でした。   しかし購入までに米国株は …

ウォルトディズニーは娯楽産業の代表格。

米国個別銘柄の投資先を検討してましたが、ディズニーを候補に挙げたいと思います。   ものすごく長期で見ると株価はここ5年位は足踏み状態です。 株価はこのまま横ばいで推移していくでしょうか。。 …

グーグルアドセンス


広島在住の機械系エンジニアです。
日本3割と米国7割を目安に個別株・ETF・投信信託をMIXして長期運用しています。


2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031