米国株

ジョンソン&ジョンソンを新規銘柄購入

投稿日:2018-08-06 更新日:

先日ウエルスナビを一部解約した資金で、米国個別銘柄を追加購入しました。

追加銘柄はジョンソン&ジョンソン【JNJ】になります。

医療系に強い銘柄に投資するつもりでいました。

その候補筆頭銘柄はファイザー【PFE】だったのですが、四半期決算が好調で過去最高の株価を更新しており、高値掴みの懸念があったので買い付けを躊躇していました。

 

 

代替えの銘柄をここ1か月探しており、目にとまったのがJNJです。

 

株価だけみると、現時点の株価は過去最高ではなく今年の初めころから調整時期に入っています。

 

ファイザーの株価の動きとは異なり、高値掴みよりかは、若干の割安感があると判断して購入を決断しました。

 

ヘルスケア企業として、身の回りでいえば絆創膏やリステリンなのオーラル製品が有名です。

 

生活必需品のみ企業であれば、銘柄決定としては弱いのですが他の概況をみてみると医療機器では世界トップです。

 

さらに医薬品は世界第5位の企業であることは自分で調べるまでは知りませんでした。

 

てっきり生活必需品が主だった収入元だと思ってましたが違いました。

 

日本企業で例えると

花王とライオンと小林製薬が全て合体した最強企業です。

 

その業績形態で自分が一番注目したのが医薬品の業界です。

 

ジョンソン&ジョンソンは世界第5位の医薬品のメーカーではありますが、新薬開発全体でみると米国が圧倒的有利な業界です。

 

医薬品全体の6割が米国が占めており、日本はわずか1割程度に過ぎずその差は6倍で米国がぶっちぎりリードしている状況です。

 

これは新薬開発でも同様だそうです。

今年の5月に東京大学公開講座を受講した際、医療イノベーションと規制のジレンマで医学部の教授の講義内容から得た情報です。この時の内容は過去ブログでも綴っています。

 

もちろん日本の医薬品企業も頑張ってほしいのですが、いまのところ米国と日本の医薬品、新薬開発においては、陸上トラック1週分以上離されている印象のある業界です。

 

医薬品業界の銘柄では日本企業に投資する発想には残念ながらなりません。

 

医療業界は、世界人口と平均寿命が上がり続ける限り、長期では右肩上がりで株主た多大な恩恵をもたらすはずです。

 

今後のJNJの業績見通しは新薬、医薬品が引き続き牽引するとの予測なので、長期保有の代表格の本銘柄を迷うことなく買い付けました。

 



-米国株

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ナイキに追加投資。

決算が思いのほか良かったナイキに追加投資しました。 成行きで3株程。 もっと積極的に買いを進めたいですが、コロナの収束がほんと分かりません。 実態の感染者云々よりも、経済活動がどこまで自粛や停滞するの …

楽天・全世界株式を全部解約しました。

特定口座に一部残ったままになっていた楽天・全世界株式を解約しました。 米国を中心として株価が最高値圏にあるのを受けて、全世界インディックスも基準価格は最高値圏にあります。 特定口座に残ったままだったの …

米国株ポートフォリオ公開(6月度)

2019年6月の米国株のポートフォリオ実績公開です。   先月までの成績はこちらから。 5月は下げ続けた月でしたが、今月は急激な回復を見せています。 先月の公開時点からは特に売買銘柄はありま …

米国株ポートフォリオ公開(4月度)

米国株ポートフォリオ公開の公開です。 コロナショックの余波は大きく、先月上旬までは何とか全ての銘柄がプラスでしたが、今月はマイナス銘柄がいくつか出てきてます。 これでもつい3週間まで迄はトータルがマイ …

ウォルトディズニーを約定。

先週から新たにな米国個別株を探してました。 週末の検討結果からディスにーを候補に挙げて、本日買い付けました。 ここ3年位は株価は踊り場にああります。MAXで120ドルMINで90ドルで繰り返しの動きを …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2018年8月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031