雑記

組織の中のサラリーマン

投稿日:2018-10-25 更新日:

今日の世間の話題はプロ野球のドラフト関連で賑わってました。深夜のアメトークでもドラフトパロディをやっていて面白かったです。

 

企業の組織も状況に応じて編成があります。毎年新人や都度派遣社員さんなどが入ってきます。

 

自分が所属する部署のチームも年に何回かなんの前触れもなくチーム編成や組織変更があります。

 

サラリーマン生活の中で、従業員同士で一番盛り上がるのは、業務内容でも給料でもなく人事や組織の話題だと感じてます。

 

誰それが、どこそこ部署に異動になったとか、昇格や降格、退職など人事的な話題が一番興味が湧くところかなと思います。

 

企業の従業員(サラリーマン)は実質的に、所属したい部署や役割は自ら選べないものだと思ってます。

 

正確に言えば打診されたり役割を指名されてたりするもので、自発的に手を挙げて役職などにつく性質のものではありません。

 

多かれ少なかれ、皆それぞれ個人的な思いとは違う形で企業の組織は形成されているとおもいます。

 

こんな環境下にいると、サラリーマンやっててしんどいなとつくづく思います。

 

私は組織の人事的な渦の中に入りたくないし、関わりたくないのが本音です。自分の置かれた立場や役割のなかで一生懸命に仕事をやって一日を終えたいです。

 

人事的な話題は興味をそそられますが、ストレスにもなります。

 

株式投資をしてみて分かったのが、組織の中のサラリーマンの考え方や価値観のほとんどは、資本と労働でいうとこの労働を指すんだということです。

 

資本側(経営)の視点はサラリーマン生活では、決して見ることが出来ない視点なんだと気づきました。

 

株式投資をいて企業の株主になり、会社の運営に関わる議決権を与えられることにより、資本側の視点も少しは養われつつあります。

 

最近興味をひく書籍も、資本側に関することがが分かるような本に興味があります。

 

 

労働者視点だけもったサラリーマン人生だと、人事の話題ひとつとっても噂話や妬みなどの愚痴だけを吐いて終わるだけのつまらないサラリーマンになってしまう気がします。

 

資本側の視点を、株式投資の経験で養って経験を積んで、資本側の論理も身につけていきたいです。

サラリーマンのほぼ無リスクな給料(ベーシックインカム)はとても魅力的なので、社畜だとわかってても今後も続けていきたいとは思います。

 

けれども、資本側の考え方も身についてくれば、魅力的ではなくなるかもしれません。

 

どちらが豊かな人生になるのかわかりませんが、株式投資を通じて日々学べるサラリーマンを目指したいです。

 



-雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

一生に一度の大バーゲン。

世界の著名投資家は株式の買い増しを行ってますね。 ブルームバーグの記事では 現在の危機が正しく制御されるなら、一生に1度あるかどうかの大バーゲン とアクティビストのアックマンさんは新型コロナ感染拡大に …

プロ野球選手の約半分は年収900万以下。サラリーマンの方が割が良い?

地元新聞のスポーツ欄はカープ記事が多いです。 シーズンが終わっても、ドラフトやキャンプの記事が毎日のように載っています。 そんななかストーブリーグで一番興味が湧くだろう選手年俸の記事がでていたので目に …

天才の頭の中

ネットフリックス無料期間でいろいろ番組見てたら気になるタイトル発見しました。 ビルゲイルのドキュメンタリー番組です。 現在のビルゲイツの活動を中心に、幼少期や創業時の事も振り帰りながら紹介されていて見 …

【セミナー参加】リアル・マーケット・アナライズin広島

7月の上旬はなぜか、投資セミナー関係のイベントが多いです。   この日は大阪でも楽天証券主催のサービス開始20周年記念と銘打って、イベントが開催されいました。   この大阪のセミナ …

サラリーマンはドコまでいっても時間拘束の稼業。わかっちゃいるけど嫌気がさす時もある。

株式投資を始めて、サラリーマン月給がいかにリスクの少ないものであるのかとういう事を意識させられてます。   良くも悪くもサラリーマンは時間で拘束されその対価として給料が支払われています。 & …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2018年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031