日本株

イオンの株主優待はかなりお得。返金制度は事実上の消費税軽減税率制度

投稿日:

消費税がもう間もなくで10%になりそうな気配です。

このままいけば来年の10月頃には実施されるとの報道です。

増税と同時に一部の商品などの税金が10⇒8%に軽減される制度も進んでます。

いまのところあらゆる分野で適用されそうですが、品目の区別があいまいな部分が多数あって分かり難くく、国民を混乱させているように感じます。

 

そんなお上が作った制度は所詮どうなったって従うしかありません。

 

軽減税率制度があるにせよ、増税は変わらなさそうです。。

 

しかし、民間企業のイオンの株主になれば、事実上軽減税率とおなじような恩恵が受けらえれる制度があります。

 

イオンの株主ご優待返金制度です。

今回で66回目の制度です。

イオン系列で買い物をすれば3%分が現金で返金されます。(半年毎の清算)

ポイントではなくて現金返金です。

今回は半年で約17万円の買い物に対して5千円のキャッシュバックです。

 

ものすごく太っ腹な制度だと思います。

 

現金相当のポイントがつく制度はいくらでもありますが、買い物額に対して3%分が現金で返金される制度なんてイオン以外で私は知りません。

 

他の企業でもやってるかもしれませんが、イオンは生活に関するほとんどのものが買えるので、事実上の消費税軽減税率と言っても私は過言でないと思います。

 

ただし、お酒やたばこはは適用外で他にもあるそうなのですがそれでも現金還元はとても素晴らしいです。

 

株価は1年以上前ごろから右肩あがりで、PERも70倍とバブル感はあります。

 

 

この制度がどこまで続くかわかりませんが、数少ない日本の優良銘柄であり、優待を好む日本人にはとても人気の銘柄だと思います。

 

消費税増税は避けようがないのであれば、イオンなどの企業に投資し優待制度という形で事実上の軽減税率制度と等価な現金還元でお得な生活をおくるのは、賢い選択肢と思います。

 

株価も好調なので、賢い選択肢だと勘違いしているに過ぎないかもしれませんが。。。

 

もちろん株主優待は、元本保証のない投資の世界なのでリスクがあります。

 

その点は軽減税率制度とは根本的に異なる点です。

 

正確にいえばイオンの優待返金制度は、

 

投資リスク込みの事実上の軽減税率制度です。

 

私はお得な制度だと思ってます。イオンの株はしっかりリスクを取って出来る限り長期保有したい数少ない日本銘柄です。



-日本株

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビックカメラの株価が冴えません。サービスは充実しているのになんで?

ビックカメラの株価が1年前と比べると右肩下がりです。 直近の決算をみてみると売上高は上がったものの利益率は前年同月比より下がっています。利益率も1%台で低迷しています。   決算上の数値だけ …

日本個別株ポートフォリオ公開(2月度分)

日本個別株ポートフォリオの公開です。 今月は、ちょいマイナス圏の銘柄を損切りしました。 東証一部上場とは名ばかりで、成長もしないし利益もださないゾンビ企業が多数腹案れているTOPIX. TOPIXは売 …

JUKI株売却。塩付け株を売却。

長らく塩付けにしていたJUKI株を売却しました。 2~3年は低迷してい他銘柄ですが、夏からの最安値からすると株価は2倍に上ってます。 今回は200株を売却したのでJUKI保有はゼロになりました。 この …

イオンの株主優待カードはかなりお得。この夏の猛暑を映画鑑賞で過ごす。

日本株はポートフォリオ全体の3割程度を目安に銘柄を選んでいます。 日本株は良くも悪くも株主優待が魅力のひとつです。   その株主優待でとてもお得な銘柄といえばイオン【8267】です。 &nb …

マツダを人生初の損切り(損だし)。。

本年度も2か月余りになってきました。 来週は、マイナス銘柄を一旦確定させて、本年度の株式の譲渡益と配当にかかった税金を節税します。 早速マツダを人生初の損切り注文しました。   投資を始めて …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2018年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031