米国株 配当金

楽天ポイントで楽天VTIを購入。配当再投資ならぬポイント再投資。

投稿日:2018-09-12 更新日:

突然ですが

楽天ポイントで投信信託を購入すると、楽天の買い物ポイントがアップするスーパーポイントアップの対象になります。

私はSBIと楽天両方に証券口座を開設してます。

メインはSBIですが子供の未成年口座を開設するときに必要だったので楽天にも開設しています。

500ポイント以上でポイント+1倍つきます。

どうしてもポイントアップというフレーズに弱いです。

本日投資信託を衝動買いしました。

衝動買いといっても、、、

900ポイントの利用で少額ではありますが。

 

ポイントアッププログラムの罠にはまって現保有のポイントほぼすべてを使いました。

 

投資信託の種類は、現時点で最強の投資信託(積み立てランク1位)のVTIを選びました。

 

コツコツと積み立てていくのににはポイント投資も良いかもしれません。

 

実質的にポイントを配当金だと考えれば、配当再投資ならぬポイント再投資です。

 

少額のポイントですから買い物時に使うのが気持ちよいですが、投資に回すのも悪くないかなと思いました。

 

月に数百ポイントは入ってくるので、継続して投資信託に回したいと思います。

 

時間はかかるかもしれんませんが、運用益をプラスのタイミングで解約すれば実質現金に変換できます。

 

楽天ポイントは投資信託を通じて現金化することも可能になっちぃます。

 

楽天住人にとっては朗報で、至れり尽くせりのポイントサービスです。

 

カードで日々の生活活動費を消費しながら、ポイント還元分は投資に回せるプラットフォームは楽天が今のところ唯一無二なのではないでしょうか。

 

もう一つのSBI口座はこのサービスにはついていけないでしょう。

 

SBIはSBIで証券取引に特化したサービスが充実してます。

IPOは楽天よりはるかにSBIの方が銘柄多いです。

米国株はジュニアNISAで購入しようと思うとはSBIではOKですが、楽天では扱っていません。

 

国内株は単元株以下のS株購入をよく利用しますが、これはSBI独自で楽天では単元株以下の購入サービスはありません。

 

どちらも一長一短あるので、それぞれの長所を見極めて今後もお得な利用を目指していきたいです。

 

 

 



-米国株, 配当金

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

投資の出口戦略。使う分だけを出金する。

投資を本格運用して、学んできて良かったなあと思うことのひとつに、お金について過度に不安や心配になることが少なくなったことが言えます。   本日訳あって、米国投資信託の一部を解約しました。 理 …

成長著しいVISA【V】を新規購入。

今年初旬頃からの株価下落の波を受け、米国株の新規購入銘柄を模索していました。   その中でVISAが有力と判断し、購入を決意したのが約一週間前でした。   しかし購入までに米国株は …

バレンタインデーに楽天ヴァンガードVTIを全解約。

本日はバレンタインデーです。 と言ってもチョコは貰ってもいないし、家では話題にすらなりませんでした。。   いつも食後の楽しみにしているブラックサンダーをいつも通り食べておしまいです。。 & …

アップル【AAPL】に追加投資。

昨日のドル転手続きを終えて早速本日アップルに追加投資しました。 過去1年間の株価推移を見てみると、 最高値からマイナス20%、最底値からプラス20%付近で推移しています。   どのタイミング …

米国株を買う基準は、なによりも自分とってどれくらい身近な存在なのかが、購入意思割合の大部分をしめています。 ​   スタバは、世界的にはまだまだ出店余地があるそうで。キャッシュフローが過去1 …

グーグルアドセンス


広島在住の機械系エンジニアです。
日本3割と米国7割を目安に個別株・ETF・投信信託をMIXして長期運用しています。


2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930