雑記

東京大学公開講座を受講。

投稿日:2018-05-26 更新日:

突然ですが

本日の午後から東京大学の安田講堂にて公開講座があったので受講してきました。

 

投資に直接は関係ない内容でしたがとてもためになったので書きたいと思います。

そもそも、明日の日曜に長野県軽井沢で会社関係の車のイベントがある為、今日は東京経由での移動日でした。

 

せっかくなので東京での時間つぶしになにかないかと考えてたところ、ふと立ち読みしていた雑誌でこの大学講座のことを知り、国内最高学府にいくことなんてそうはないと思い、迷うことなく申し込みました。

 

内容はディレンマ(ジレンマ)に関して各学部の教授の方がそえぞれのテーマに沿って50分の講義を行うといた内容でした。

今回は3テーマ休憩を挟みながらの約4時間聴くことができました。

 

どのテーマもとても分かりやすくておもしろかったです。内容自体は堅苦しいのですが、講師の方の抽象的に説明する内容と論理的な説明が分かりやすくどれも小難しくなかったです。

 

テーマ別では、

1.東大内の進学選択に関するディレンマ。

2.新薬開発に関するディレンンマ。

3.環境活動に関するディレンンマ。

 

で、どれも興味深い内容で、全ての感想を書きたいのですが、投資ブログに沿った内容だけにしたいと思います。

 

2.新薬開発に関するディレンンマ。
に関しては、日米の新薬開発の違いを語られていました。

 

新薬開発は米国が圧倒的に多く、全体の6割を占めているそうです。

日本はわずか2%程度ということでので、差は歴然です。

米国の新薬開発といえばファイザー【PFE】です。

 

この講義を聞いてファイザーへの投資追加を検討してます。

 

ディフェンシブ銘柄の代表で、今後も堅実な成長で業界トップに君臨し続けていると思います。

 

時間があったので安田講堂の周辺を散策したり、学食のカフェで一人でお茶してたのしんでました。

 

構内の雰囲気は、とても心地よく気持ちの良いものでした。

 

土曜日だからかもしれませんが、小さい子供連れの家族や年配の方たちが、安田講堂周辺のベンチや芝生でくつろいでいて、学生と思われる方たちが、談笑し、議論しながら 歩いており、そんな中、私のような中年一般人が講義を聞きに足を運んでいる。。

 

いろんな人達が行き交い、気持のよい空間がそこにはありました。

 

建物のほとんどは、レンガ造りで、最近建てられたようなものは、私が見る限りなく、どれもよい意味で古めかしく趣のある建物ばかりでした。

 

学生になるには超難関の大学は言うまでもないですが、学校の雰囲気がとても素敵過ぎて感動しました。

 

いつかまた学校で学んでみたい。

そう思えるよい一日でした。



-雑記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019

今年もブロガーで選ぶ投資信託大賞が行われます。 毎年東京の某所で開催されているようです。 投資ブロガーの皆様が企画され運営されてます。   本屋大賞の投資信託版ようなイベントです。 投票資格 …

もうペーパーレスにしたら。

日本個別株を保有してると、郵送されてくるものがたくさんあります。 嬉しいのは株主優待です。 米国株は優待制度はなくキャッシュオンリーです。 優待の是非はありますが、貰えるものはしっかり活用して豊かな生 …

Go To トラベルキャンペーンは使いまくった方が良い。マジでお得だ!

来週からお盆休み方で旅行など計画はしているが、コロナの第2波で足踏みしているひとも多いのではないでしょうか。 しっかりとコロナ対策をしておけば、十分に旅は楽しめるのではないかと思いますよ。 なによりも …

サラリーマンとハチ

私は40代サラリーマンです。約10年前に転職していますが基本的に職種は機械系のエンジニアです。 職場が違っていても一貫して開発系の仕事に携わっています。   もう20年近くになりますが、最近 …

払い戻し率は70%。競馬は面白いが儲かることはありません。

本日23日は競馬のお祭りレース有馬記念の日でした。   通常は年の瀬直前の日曜日あるのですが、今年は少し早めでした。 有馬記念を過ぎるとああ今年も終わりかーと感じてしまう程、大人にとって年末 …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2018年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031