NISA 不動産

不動産投資はダイワETFも安くて手頃

投稿日:2018-04-02 更新日:

ジュニアNISAの今年の投資枠の残り15万あるので、それをリートで埋めるべくに銘柄を検討しています。

 

 

インデックスで信託報酬が安く、単元株も安いとなれば先週までiシェアーズ Jリート ETF【1476】を最有力として考えていましたが、信託報酬のさらに安いETFがありました。

 

 

ⅰシェアーズの0.16%に対しさらに安い0.155%のダイワ上場投信-東証REIT指数【1488】です。

 

分配金は3%強で単元株17,000円台から購入できます。

 

国内リートを幅広くカバーして、リート指数に連動しています。

 

信託会社もダイワなので純日本産の国内不動産投資ができます。

 

とりあえず2口から購入し、リート分野を勉強しながら残りのNISA枠を埋めていきたいと思います。

 

投資の勉強はとりあえず少額でも良いので実際に買ってから始めた方が身につくと思います。

 

身銭を切っているのですから嫌でも勉強しますし、投資銘柄の成績が悪ければとことん原因を調べようとするので効率が良いと思います。

 

ここで大事なのはいっぺんに投資せずつまみ食いみたいな感覚で行うことがミソです。

 

究極は最小限の勉強や調査の時間でで最大限の成果が発揮できるよう、投資の時間の最小限化を目指していきます。

 

投資の事ばかりに時間を使っては、豊かな人生にはならない気がしてます。



-NISA, 不動産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2019年の積み立てNISAはSBIから楽天証券にしてみます。

今年も残り2週間を切りました。 積み立てNISA元年だったですね。 年間40万円投資可能で20年間。総枠で800万円の投資枠が非課税の制度です。   今年の投資枠はあと8000円分残っていま …

ジュニアNISAの残り枠が残り12万、守りでいくか攻めていくか

今年のジュニアNISAの投資枠が12万となり投資先を決めかねています。   NISA枠の80%を米国ETF投資信託で埋めており、10%をひふみ投信、5%をJリートで確定しています。 &nbs …

ジュニアNISAの買い付けはドルコスト平均法作戦で。(2回目)

ジュニアNISAの年間非課税枠は80万円です。 おととし分からジュニアNISAの投資枠を使って主に投資信託を購入していますが、年間を通して計画的に買い付けは行っていませんでした。   201 …

つみたてNISAポートフォリオ公開(5月度)

積み立てNISA実績の公開です。 2口座分の公開になります。 先月までの実績はこちらから。 今月に入り連休明けから、市場が不安定です。 全くもって先の株価なんて予測不可能だと考えています。 だからこそ …

新元号 令和 発表日にジュニアNISA買い付け。ドルコスト平均法(3回目)

4月1日はエイプリルフールもありますが、今年は新元号 令和(れいわ)の発表日でした。   日経平均も新元号ご祝儀相場なんて報道されて前日比でプラス300円と好調のようでしたね。 個人投資家の …

グーグルアドセンス


広島在住の機械系エンジニアです。
日本3割と米国7割を目安に個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30