投資方針

コロナショックは一過性?だから買いなのでは。

投稿日:

コロナウィルス問題が世界市場を揺るがしています。

何とかショックとかの命名までされてます。

今日の日経朝刊からの引用です。

全然記憶にないですが、SARS(02年)の時も、リーマンショック級に下げてるんですね。

株の運用してない時期だったし、直接的な健康被害がなかったので、SARSというワードだけしか記憶にないです。

しかし今回のコロナショックは時が経ってからも記憶に残りそうです。

本日時点では、5年前のチャイナショックに匹敵して、下げは昨日の米国市場でも止まるこなく下げ続けていますね。

恐怖指数を示すVIX指数は高止まりを見せてます。

完全に世界的にマイナス要因となってる今回はなんとか買いを考えて行動していきたですね。

気になる銘柄は

米国ではアップル・ナイキ・コストコ

ベトナム株ではサイゴンビール

日本株は。。。ちょっと欲しいのがないね。

買いの欲求との戦いにしばらくはなりそう。

ここで

ハワードマークス著の【投資で一番大切な20の教え】の中から今のタイミングに沿う内容を自分い言い聞かせてます。

恐怖が市場を取り巻くとき、投資家にとって重要なのは売らないこと、そして、できれば買うことだ。

 

 

2008年の株価暴落においては、売り損なえば、損失は限りなく大きくなるかのように見えた。

この世の終わりが本当に来るかもしれないと思える状況だったのだ。

それでは、過ちへと駆り立てる心理的要因に対して、投資家はどうすればよいのだろうか。

まずその正体を見極めることが、抵抗する勇気を持つための第一歩となる。次に、現実的になることだ。

 

現実的に考えればコロナショックは一過性のもの。

買いを真剣に検討し行動に移すタイミングです。

 

 

 

 



-投資方針

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

信用取引の怖さ。

日本株式があまりにリターンが良くないので信用取引についての可能性を考えています。   私が考える信用取引の大きな特徴は、レバレッジと空売りだと思います。   レバレッジは現金や株を …

旅の参考本はるるぶや地球の歩き方よりも。。

休日の本屋さんで、旅について書かれている楽しそうな本をまた見つけました。   旅行先へ行くまえに読む本は、地球の歩き方が定番ですが、今やネットで十分に除法が得られます。 今日読んだ本は、実際 …

休むも相場

先日、東京証券所に突撃潜入した時に、ふと目に留まったものがありました。 東京証券取引所に潜入。 休むも相場。 証券協会の格言が飾られていてちょっと目を奪われてました。 そういえば投資のことを考えている …

ベトナム投資ってどうなん?バックパックで現地旅行を計画中。

夏休み一人バックパック旅行の計画を立てています。 行先はベトナムホーチミン。 初の海外一人旅です。 航空券はLCCを予約済で、韓国仁川空港経由でホーチミンまで行く予定。 往復で4万円台でお盆休みとして …

30代からの資産運用。買い付けはドルコスト平均法でコツコツ淡々と。

日米の株価の乱高下が最近続いてます。   米国の長期金利と短期金利の逆転する、逆イールドの現象が今年初めから起こり、景気後退の前触れだとささやかれたりします。   しかし経済予想は …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829