投資方針

コロナショックは一過性?だから買いなのでは。

投稿日:

コロナウィルス問題が世界市場を揺るがしています。

何とかショックとかの命名までされてます。

今日の日経朝刊からの引用です。

全然記憶にないですが、SARS(02年)の時も、リーマンショック級に下げてるんですね。

株の運用してない時期だったし、直接的な健康被害がなかったので、SARSというワードだけしか記憶にないです。

しかし今回のコロナショックは時が経ってからも記憶に残りそうです。

本日時点では、5年前のチャイナショックに匹敵して、下げは昨日の米国市場でも止まるこなく下げ続けていますね。

恐怖指数を示すVIX指数は高止まりを見せてます。

完全に世界的にマイナス要因となってる今回はなんとか買いを考えて行動していきたですね。

気になる銘柄は

米国ではアップル・ナイキ・コストコ

ベトナム株ではサイゴンビール

日本株は。。。ちょっと欲しいのがないね。

買いの欲求との戦いにしばらくはなりそう。

ここで

ハワードマークス著の【投資で一番大切な20の教え】の中から今のタイミングに沿う内容を自分い言い聞かせてます。

恐怖が市場を取り巻くとき、投資家にとって重要なのは売らないこと、そして、できれば買うことだ。

 

 

2008年の株価暴落においては、売り損なえば、損失は限りなく大きくなるかのように見えた。

この世の終わりが本当に来るかもしれないと思える状況だったのだ。

それでは、過ちへと駆り立てる心理的要因に対して、投資家はどうすればよいのだろうか。

まずその正体を見極めることが、抵抗する勇気を持つための第一歩となる。次に、現実的になることだ。

 

現実的に考えればコロナショックは一過性のもの。

買いを真剣に検討し行動に移すタイミングです。

 

 

 

 



-投資方針

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コカ・コーラ【KO】へ配当再投資

コカ・コーラ【KO】へ配当再投資しました。 3株程で約1万5千円分ですが、純粋に配当で振り込まれたドルでの再投資です。 証券口座に入金することなく配当金を投資に回すサイクルが、微力ですが出来つつありま …

投資の出口戦略。人生百年時代。老後は一生来ない。

投資を本格的に始めると、いかにお金を増やす事ばかりに意識が集中してしまいます。   目標金額や、積み立て額等を決めて対象の銘柄をどのタイミングで買ってその期間保有しそのタイミングで売るのか。 …

確定拠出年金のスイッチングをドルコスト平均法で行う。(8回目)

毎月給料日前後を目安に確定拠出年金の比率見直しを行っています。 今回が8回目の見直しです。 過去の見直しはこちらから。 国内債券の比率が10%台になり、他の債券比率と合わせても15%以内に収まりました …

お金はよりよい幸せになるのか?2020年投資方針。

ZOZOの元社長である前澤有作さんより今年もお年玉企画が発表されました。 今年は100万円を1000名で総額10億円 ご本人は、壮大な社会実験だと発言されています。 応募方法はフォローしてリツイートす …

投資の出口戦略。その1

投資を続けていると出口戦略という言葉が出てきます。   運用後の使い道という意味ですが、現時点ではっきりとは考えていません。   長期投資なので次世代残すつもりと書いていますが、実 …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2020年2月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829