節約・ポイント 米国株

ジョンソン&ジョンソンに追加投資。けど手数料無料までガマン。。

投稿日:

JNJに追加投資を決めました。

銀行口座内でドル転して、追投資資金の準備金を用意してあとは株数を決めて、ポチッとするだけ。

 

ちょっとまてよ。。

 

そう言えば米国株の購入手数料が証券会社が軒並み無料を宣言してました。

最低でも5ドルかかっていた手数料はゼロ。

約定に対しての手数料は変らないので厳密には手数料はかかります。

例えば、10万円分の米国株を購入しようとするとこれまではざっくり1,000円程度はかかっていたのが今回の最低手数料撤廃でおおよそ半値の500円程度ですみます。

一律5ドル分(ざっくり500円)の手数料がディスカウントされたと私は解釈しています。

私のメイン口座はSBIで、手数料無料が始まるのは来週22日の月曜日の現地時間から。

本日買い付けを行いたいですが、ここはぐっとガマンします。

手数料500円の為に来週までまってもしも急騰してたら。。なんてすぐ頭をよぎりますがグッとこらえます。

JNJは先週訴訟問題を起因に大きく下げました。

しかし第2四半期の決算内容はおおむね好調でアナリスト予測も上回った結果になっています。

四半期決算で前年比からの増益であれば、長期的にみれば訴訟問題で急落したタイミングは絶好のバーゲンセールです。

増益であれば配当も連続増配を更新する期待が持てます。

日々の株価に一喜一憂するよりかは増配や配当利回りに期待できる銘柄としてジョンソン&ジョンソンを選んでいます。

訴訟リスクはヘルスケア企業であると避けられない問題だと思うので、常にリスクとして経費に織り込まれているはず。

ある情報によれば常に訴訟は1万件くらい常にかかえているそうで、さすが訴訟社会の米国です、

世界マネーが集まる巨大企業だけに訴訟もたくさん起こされ、和解金でとんでもない額を個人が勝ち取ちとったりするのでしょう。

なのでヘルスケア企業は、数々のいちゃもんとうまく付き合っていくことが宿命な業態なんだと認識しておく必要があるのかなと考えます。

もちろん本質的なことが原因の品質問題であれば危ういですが。。心配しすぎる必要はないかと。

手放しでは喜べませんが、訴訟問題での急落は長期的にはバーゲンセールだと捉えても差し支えないと判断してます。

実質米国株は日本株の取引手数料とほぼ同水準となりました。

早くこいこい月曜日。

サラリーマンは月曜日ってのは嫌なもんですが来週に限ってはすこし待ち遠しい気分です。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
広島ブログ

 



-節約・ポイント, 米国株

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

世界同時株安を拾いにいきます。再三の下げにVIGに追加投資。

先月から米国市場は猛烈に下げて、とどまるところを知りません。 約3週間前にVIGを拾いに追加投資を行いましたがさらにそれから大幅に下げました。 世界同時株安を拾いにいきます。第2弾は米国増配株VIG。 …

マクドナルド【MCD】に追加投資

米国株が好調のなか、割安感のあるマクドナルドに追加投資しました。 最小単位の1株程です。手数料も100円台で気にせず最小単位で購入できます。 ほんの1年前まではたしか1株買おうとしたら2000円位手数 …

米国株ポートフォリオ公開(8月度)

米国株ポートフォリオ公開の公開です. 1か月前と比べて,含み益が大幅にアップしました。 特に、米国株で好調なアップルとテスラを両方保有しているのが、極端な好調さの原因です。 一方の高配当ETFやディフ …

アップル【AAPL】に追加投資。

昨日のドル転手続きを終えて早速本日アップルに追加投資しました。 過去1年間の株価推移を見てみると、 最高値からマイナス20%、最底値からプラス20%付近で推移しています。   どのタイミング …

米国株を買う基準は、なによりも自分とってどれくらい身近な存在なのかが、購入意思割合の大部分をしめています。 ​   スタバは、世界的にはまだまだ出店余地があるそうで。キャッシュフローが過去1 …

グーグルアドセンス


広島在住のサラリーマン。
米国、日本、ベトナムの個別株・ETF・投資信託をMIXして長期運用しています。


2019年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031